FC2ブログ

PEARLの日記

Welcome to my blog

お手紙ブログを更新しました。

 
大葛郵便局



お手紙ブログを更新しました。

 
江南藤岡郵便局


お手紙ブログを更新しました。

 
伊予郵便局


風柳荘のアン

アンシリーズの中で、最初の「赤毛のアン」を
のぞいて特に好きな巻である。
理由はいくつかあるのだが、まず書簡形式のものが
基本的に好きということがある。
アンの手紙は長すぎるきらいがあるものの、
非常に魅力的だ。
SNSもメールも電話すら日常的では無い時代の話だから、
その中であのような手紙を受け取る
(しかもラブレターでもあるのだ)
その喜びはいかようであろうかと想像するだけで
胸がときめくのである。

それから、モンゴメリの見事な人物描写で描かれる
新たな面白い人物がたくさん登場するのだが、
なんらかの理由で本来の自分を抑え込んで
鬱屈した生活を送っている人物が多いことが特徴的だ。
もし私だったらとっくに鬱になってしまうのではないかと
思うような状況を必死に耐え忍んでいるうちに、
性格がねじ曲がったり、意地悪をすることでしか
喜びを得られなくなったり、物事を素直に受け取れず、
自分自身に価値を見出せなくなってしまった人々だ。
そうした人たちが、生きることに喜びを見出すことが
得意なアンと出会い触れ合うことで変化していく。
本来の自分を取り戻していく過程をアンが巧みに献身的に
手助けしていくところがとても好きだ。
もちろん簡単なことではなく苦労も多いが、
そうしたアンの本質的な魅力は当人を生き生きとさせる
だけではなく、その周辺にいる人たちにも影響を及ぼし、
最終的には多くの人々の信頼を勝ち取っていくのである。
そんなアンに強い憧れを抱き、何度も繰り返し読んだ本である。
今回かなり久しぶりに読み返したが、大人になった今
読んでもやはりその魅力が変わることは無いと感じた。

この物語は村岡花子さんの翻訳で長年慣れ親しんできたが、
今回初めて松本侑子さんが翻訳されたものを読んだ。
日本語の表現の違いなどとても興味深く、
読み比べてみるのも面白かった。

オンラインで読書会

最近の私はブログを書く時間以外は
ほとんどインターネットを見ていない。
新型コロナウィルスの暗い話題ばかりだし、
ネットに流れている必要以上の情報の波に酔って
具合が悪くなるのは3.11の時にも十分すぎるぐらい
経験したので自分を守るためにそうしている。
最新のニュースを知らなくても、半日もすれば
新聞が届くし、それぐらいの情報量で私には十分だ。

幸いなことに、今、私は元気だ。
私がわざわざ求めなくても世の中の
不安な気運は感覚としてもうすでに
いやというほど感じているのだから、
老い先短い(かもしれない)私の貴重な
命の時間を不安でいっぱいにするよりも、
もっと大切な好きなもので満たしたい。

好きな時に友達にも会えない状況下で
見方によっては自分勝手なそんな思いが
どんどん強まっていき、そのために
できることは何かと思いついたのが、
オンラインの読書会である。

大好きなモンゴメリの小説を読んで、
真剣に語り合う時間。
考えただけでも楽しいではないか。
読書している時間も含め、コロナのことなど
忘れて好きな世界に没頭できる時間が
今こそ必要だ。
きっと私だけではなく大切な友人たちにとっても。
さっそく数人の同類たち(アンの友達)に
声をかけたらみんな乗ってくれた。

オンラインの媒体は仕事でも使っている
ZOOMを使用。
セッティングと本を読む時間を考慮して
数日後の今日、読書会を開催した。
テーマは「アンの幸福」。
アンシリーズの中でも特に好きな巻だが、
久々に真剣に読み返した。
別世界に入り込んでいける素敵な時間。
あぁ、これよね、小説を読む醍醐味とは。

読書会は大成功!
モニター越しとはいえ、ちゃんと顔を見て
話せることの喜び。
お互いに思いつくままに感じるままに
好き勝手言っても誰も非難する人などいない。
知りたいことも教えてもらえて、みんなの話を
聞いているだけでもとにかく面白い。
みんな楽しんでくれたみたいで本当に良かった。
中でも私が一番楽しんでいたかも!

B50607F9-E2A1-4878-9D9E-18D8B4932F30_1_201_a_Fotor.jpg
本の中にこんな一節がある。

「人の楽しみを台無しにすることを
言う人はたくさんいます。
明日はどうなるかわからないという理由で、
今日を楽しむことを恐れているのです。」

私は決してそうはならないと改めて心に誓う。

お手紙ブログを更新しました。

 
今週の絵入りの消印(3-4〜4-1)


コロナ疲れ?

13138774-50A8-411C-8CDA-06BEEE25D624_1_201_a_Fotor.jpg
基本的に一人で過ごすことは大好きだし、
家で過ごすことは、それはそれでやることも
やりたいことも多いので全く苦ではない。
外出自粛も私にかかればお茶のこさいさいさ!

そう思っていたのだが…


DA6D9254-339F-4F12-9575-F9A19B304582_1_201_a_Fotor.jpg
家で過ごすことを心底楽しめるのは、
いつでも好きなときに外出可能であることが
大前提だからである。
外に出ちゃダメ!と言われて家にいるのとでは
大違いなのだ。

ごく当たり前のことだが、一人暮らしの私は
家にいるときは本当に一人きりである。
今まで自分には「さみしい」という感覚がだいぶ
欠落しているのかもしれないと思っていたけれど、
その私が最近は人恋しい。
コロナ疲れの症状だろうか…。

84B5E1F6-EB59-4E9F-96A7-D580C6B08E4D_1_201_a_Fotor.jpg
それで気付いたら観葉植物を3つもお迎えしており、
「生き物がそばにいるって良いわよねぇ」
とか、我ながら信じられないことを思うのである。
新たな経験は未知の自分を引き出すものね。

この騒ぎが収まったらオカメインコでも飼うか。

相棒探しは懸案事項のトップに上がっている。



夕暮れの桜

E7002E15-4AE3-4796-BDC5-B3874775CE61_1_201_a_Fotor.jpg
今日は風の強い一日であちらこちらで
桜吹雪が見られた。
いつまでも咲かないなぁと思っていた木が
満開になっていた。
夕暮れの光に身を委ねていて
とてもきれい。

DE55FC3B-1F7B-4D86-BC94-A0AAC66CC8DC_1_201_a.jpeg
うっすら月と桜。
東京の桜は散り始めてはいるけれど、
まだしばらくは楽しませてくれそうだ。


お手紙ブログを更新しました。

 
岐阜長良郵便局



お手紙ブログを更新しました。

 
切手でお花見