猫とワタシ

PEARLの日記

今日はどんなうれしいことを発見するかしら?

この記事のみを表示する迎え火

日記

昨日より実家に帰って一泊。

今日はベランダで迎え火をした。
母と向かい合って、生前父が愛用していた
灰皿にオガラを入れて火を付ける。
もうすぐ燃え尽きよう時、なんと灰皿が
パリンと音を立てて真っ二つに・・・あらら。
父とご先祖さまは無事に来られたかしら?

すっきり片付いて、隅々まで掃除が行き届き、
冷房の効いた実家はとても居心地がいい。
物が散乱している自分の部屋を思うと
「はぁ~」
と、ため息しか出ない。
綺麗好きの母から生まれて
躾も受けてきたはずなのに
どうしてこうも片付けが苦手なのだか。

本気で何とかしよう。

・・・と帰るたびに同じ事を思う私である。



_DSC4163_Fotor.jpg 




この記事のみを表示する丸善 池袋店

日記

IMG_4536_Fotor.jpg

昨日開店したばかりの丸善 池袋店へ
丁度ノートが必要になったので
買いに行ってみた。
ジュンク堂の並びなので、西武池袋線を
利用している私には好都合な場所。
今後大いに利用しそうな予感。

併設されているカフェ「ほんのひととき」では
高田郁さんの小説『みをつくし料理帖』との
コラボ企画が行われており、小説にちなんだ
”みをちゃんデザートセット”も食べてみた。
まぁ、わざわざ食べに行くほどのものでは
ないかも・・・。


IMG_4535_Fotor.jpg

カフェは1階と2階にスペースがあり、
2階はノマド利用も出来そう。
手紙を書いたり、本を読んだりして
静かに過ごすことも出来るけれど、
私としては梟書茶房の方が
落ち着くかなぁ。

何にせよ、最寄の池袋にこういう
文房具店やスペースが出来るのは
大歓迎である。




この記事のみを表示する真夏の恐怖体験

日記

年に1度か2度、我が家に現れるGは
大抵すばしこく地を這っているものだが、
先日現れたヤツはやたらと元気良く
飛び回る黒光りする巨大なGであった。
天井の低い私の愛する小さな部屋で、
映画「パンズラビリンス」に出てくる
妖精顔負けの恐ろしい羽音を立てて
飛び回る姿を見た瞬間は卒倒寸前であった。

しかし倒れるわけにはいかない。
こういう時に誰も頼れない私は
自分で戦うしかないので、微かな勇気を
文字通り必死に振り絞り、
右手にゴキジェット、
左手に固く丸めた新聞を持ち、
一撃で倒す機会が訪れるのを待った。

闘う場所を誤れば、逃げられる可能性が
高くなるし、下手に殺虫剤を撒いて
ベッドの上に墜落させるなんてことは
絶対に避けたかった。
しかし機会を伺う間中ずっとヤツの動きを
凝視しなければならないのは苦痛以外の
何物でもなく何度も気を失いそうに
なりながら、何とか踏ん張った。

やがて好機は訪れた。

「ここへ来たら袋小路よ、早くいらっしゃい!!」

と声を掛けると狙っていた場所にまんまと
飛んで(!)きたので、すかさずゴキジェットを噴射。
ヤツは数秒で息絶えた。
私の寿命を5年ほど道連れにして・・・。

絶滅すればいいのに!
と思っても全く良心が痛むことはない。
あぁ、無情。

(しかし、今年一番勇気を出した出来事が
これというのもねぇ。。。)




この記事のみを表示する熊谷和徳 タップダンス ライブ

日記

IMG_4475.jpg

早く申し込めたおかげでとってもいい席。

タップダンス: 熊谷和徳
ギタリスト: 青柳拓次
パーカッショニスト: ラティール・シー


セネガル出身のラティール・シーさん。
強烈な存在感でかっこ良かった。
見惚れちゃう。


IMG_4488.jpg

撮影OK。タップの躍動感とか音楽のビートが
感じられる写真を撮ってみたかったけれど
伝わるだろうか。
難しい・・・。

IMG_4478 (1)_Fotor

熊谷さんはデビュー20周年なのだとか。
ダンスを見ているというより
リズムを眼で見ている感じ。
間近で見られて迫力満点だった。


@ 東急プラザ銀座 KIRIKO LOUNGE


この記事のみを表示するお手紙ブログを更新しました。

日記


小粋な手紙箱 #4