猫とワタシ

PEARLの日記

今日はどんなうれしいことを発見するかしら?

この記事のみを表示する”わたしをつくるもの”を作る(2ー2)

うましかて



残り物で作るごはんに”残り物”という
言葉を使わずにおいしそうな
名前をつけたいとインスタで言ったら

「残り物には福があるということで
”福丼”とかどうですかね?!」

さすがのコメント。
最高のネーミングで即採用。
丼じゃない時は”福ゴハン”!




ほうれん草とじゃこのおひたし、
ゆでシャケごはん。


今週も外食多し。
来週はもう少し家でちゃんと食べられそう。



この記事のみを表示する”わたしをつくるもの”を作る(2ー1)

うましかて



全粒粉のパン、
いちごの甘酒漬けヨーグルト掛け。

この写真を見て

「パン一斤食べるの?」

なんて思わないように。
手の平サイズですからね。




リュスティック、
アボカドと玉ねぎとベーコンのスクランブルエッグ。




ふわとろキムチ炒飯。

今週は珍しく外出していることが多く、
お家ごはんできない日が続いた。
すると瞬く間に野菜不足になるのだなぁ。




この記事のみを表示する”わたしをつくるもの”を作る(1ー5)

うましかて

いただきま〜す!




ミニトマト、
塩昆布、
ぶり大根、
ジャガイモとタマネギのおみおつけ、
十六穀ごはん。





フルーツヨーグルト
(バナナ、ブルーベリージャム)





おみおつけの残りに
焼いた玄米餅と卵を投入して
味噌風味のお雑煮。
七味を掛けると美味〜♪




りんご、
ヨーグルト(ブルーベリージャム)。





フルーツサラダ
(りんご、アボカド、バナナ)、
ヨーグルト(ブルーベリージャム)。


今週は朝食にヨーグルトを頂いている。
なぜかと言うと、富士屋ホテルの
ブルーベリージャムをいただいたから。
これがうまいのだ。

忘れかけていたのだけれど、
ヨーグルトと言えば、この季節からの
お楽しみが有った。
それはまた次回。


そして、せっかく節分用に恵方巻きの
レシピを用意していたのだけれど
今年も結局作ることは叶わず。
また来年。



ごちそうさまでした!



この記事のみを表示する”わたしをつくるもの”を作る(1ー4)

うましかて

いただきます!




いちご、
全粒粉のパン、
アボカドとミニトマトとチーズの
スクランブルエッグ。





カブとセロリとニンジンのサラダ、
お豆腐とワカメのおみおつけ、
ヨロン丼、
たくあん。

ヨロン丼は森瑶子さんのレシピ。
オイルサーディンを温めて、お醤油ひと垂らし。
ごはんに乗せて、ネギと海苔と七味を振ったら
出来上がり。

ネギが好きで、なんにでも入れてしまうのだが、
お豆腐とワカメのおみおつけにネギを入れるのは
実は食べ合わせが悪いという記事を読み愕然。
どうやら海藻の栄養を摂取しにくくする働きが
ネギの方にあるらしい。
いやぁ、大量投与していましたわ、今まで。
というわけでこの日のおみおつけはネギ抜き。
・・・物足りない。
それに、かれこれ、ん十年もそれで食べてきて
今さら感強過ぎ。
この手の情報に惑わされやすいのもねぇ。
聞いちゃうと気になるタチだから
ほんと知らぬが仏。





いちご、
ミニトマト、
ピーマンのソテー、
ベーコンエッグ、
全粒粉のパン。




無限ピーマン、
蒟蒻と椎茸と鶏肉のピリ辛煮、
十六穀ごはん。





バナナ、
ゆでたまご、
ココア。





苺、
ダブリンコドル。

ダブリンコドルはアイルランドの煮込み料理。
松井ゆみ子さんのレシピ。
超簡単だけど、もう本当にため息が出るほど
おいしくできるので大好物。
特に48年振りの大寒波到来なんていう日には
体に沁みる旨さである。




グリーンチャーハン。




カニ玉、
蒟蒻と椎茸と鶏肉のピリ辛煮、
十六穀ごはん。


ごちそうさまでした。


この記事のみを表示する”わたしをつくるもの”を作る(1ー3)

うましかて



多軌のおしるこ。
塩昆布。

冬のおしるこってなんでこんなに
おいしいんだろ。
大好き。
甘さの加減が自分好みにできるように
なってきた!




全粒粉のパン、
ミニトマトとアボカドとチーズの
スクランブルエッグ。

ティ・シャンティイのパンは
本当においしい。




たくあん、
カブと人参とセロリのサラダ、
お豆腐とワカメのおみおつけ、
にんじんごはん。

後を引くにんじんごはんは
腹八分目の加減が難しい。。。