猫とワタシ

PEARLの日記

今日はどんなうれしいことを発見するかしら?

この記事のみを表示するハンバーグ浅葱ソース

うましかて

先日、銀座の「サンミ高松7丁目店」で
友人とランチを食べた。
「高松」は、銀座でOLをやっていた頃に
ランチに通っていたお店である。
当時は銀座一丁目にお店が有った。
真っ白いテーブルクロスに優雅な椅子。
執事のようなウェイターさん。
リーズナブルなお値段にも関わらず、
店内はハイソな雰囲気だったので、
当時はご褒美的な感じがしたものだ。

頼むメニューはいつも決まっていて、
”ハンバーグ浅葱ソース”。
ある時、いつものハンバーグを食べに
行ったら、メニューにデミグラスソースしか
載っていなかったので、ウェイターさんに
「浅葱ソースはもうないのですか?」
と聞いたら
「ありますよ。」
と言って、メニュー表には載っていないのに
浅葱ソースで出してくれた。
その時の対応がとても嬉しかった。

その後しばらくしてお店は移転してしまい、
それきり食べに行くことはなかった。
昨日一緒にお昼を食べた友人の職場が
「高松」のそばにあると聞いて、
久方ぶりに(20年ぶりぐらい?)、
浅葱ソースが食べたいと出掛けたのだった。

お店の雰囲気は変わっていなかったけれど、
”ハンバーグ浅葱ソース”は私の思い出の中に
あるものとはだいぶ変わっていた。
ハンバーグの上に目玉焼きが乗っていて、
浅葱ソースは浅葱とお醤油が別々に
出てくるのを好みでかけて食べる仕様に
なっていた。
以前食べた時は、浅葱ソースは最初から
浅葱とお醤油が一体となっていて、
それをハンバーグにかけて頂くか、
すでにかかっていたと思う。
それに目玉焼きは乗っていなかった。

肝心のお味の方も、おいしいのだが
なんだか想像と少し違っていた。
まぁ、20年以上も前の味覚の記憶だから
当てにならないところもあり、
こんな感じだったかな?と。
そんなわけで、懐かしさはあまり感じなかった。

帰り際、会計してくださった方は
年配の男性だったが、
「ご満足いただけましたか?」
と聞かれ、銀座一丁目にお店が有った頃の
話をしたら、懐かしそうなお顔をされたので、
きっとその頃から働いていらっしゃるに
違いない。
「浅葱ソースは別々ではなく
最初からかかってましたよね?」
と聞くと、
「そうしていた頃もありました。」
と。
理由は
「浅葱がお醤油に浸かりすぎて、
味が濃くなりすぎないように今は
分けているのです。」
とのこと。

こうして思い出しながら書いていると、
やっぱりまた食べたくなってしまう。



この記事のみを表示する”わたしをつくるもの”を作る(4ー1)

うましかて

いただきます!



バナナ、
スーパー大麦グラノーラ。

たまにはシリアルでも食べようかと思って
シリアル売り場へ。
昔よく食べていた玄米フレークが無い。
今はもう売っていないのか、たまたま行った
スーパーに無いだけなのか。
それでこれを試しに買ってみたのだが、

食べた翌日、新聞を読んでいると
”回収”の文字が・・・もう、食べちゃったよ。
人体に影響はないと言われてもやっぱり
イメージダウンよね。




豆乳ラッシー、
フルーツサラダ
(アボカド、ミニトマト、バナナ、
カッテージチーズ)。




ひじきサラダ
(レタス、トマト、アボカド、
ひじきと大豆の煮物、ゆで玉子、
おぼろ豆腐)




菜の花の酢味噌和え、
梅干し、
ミニトマト、
鶏肉と椎茸と蒟蒻のピリ辛煮、
豆腐と若布のおみおつけ、
もち麦とアマランサスとキヌア入りごはん。





ひじきサラダ
(レタス、トマト、アボカド、
ひじきと大豆の煮物、おぼろ豆腐、
カリカリベーコン)





ネギのオムレツ乗せひじき焼飯、
菜の花、
お豆腐と若布のおみおつけ。


食物繊維を手っ取り早く摂取したくて
海藻を積極的に食べ始めた。
ひじきサラダがお気に入り。
ひじきサラダ用の煮物は味薄め。
ドレッシングはピエトロの
和風ノンオイルバルサミコに
亜麻仁油を少々追加。
毎日でも食べられそうだけど、
食物繊維も食べ過ぎは良くないらしいので
量はほどほどに。

ごちそうさまでした!



この記事のみを表示する魔法の安らぎ

うましかて

IMG_0767.jpg

先月、友人と銀座の和食屋さん
HIGASHIYA」でお昼をいただいた時、
蕗のお茶を飲んだ。

蕗の薹の蕾を少し開いて、急須の中の
緑茶のお茶っ葉の上に乗せ、
ゆっくりとお湯を注ぐ。
薄い緑色だった蕗の薹の外側が
光沢を帯びた茶色に変わっていく。
目の前で見せてくれる一連の動作は
丁寧で流れるようにそつがない。

それを見ていたせいか、出されたお茶を
飲む時の姿勢も自然と正される。
初めて飲む蕗のお茶は、ほんのりと
蕗の味がして、ゆったりと体に
染み込んでいく。
その安らぎの中にしばし身を委ねた。

その後、GINZA SIXの地下をぶらぶら
したのだが、ある紅茶専門店が店頭で
出していたフレーバーティーを
試飲した時の体の反応が面白かった。

紅茶は間違いなく普通においしいけれど、
先ほど飲んだ日本茶のまろやかさが
細胞の一つ一つに行き渡っている体には
かなり刺激が強いようだった。
蕗のお茶を飲んでから、体が完全に
リラックスモードでゆらゆらしている
心地よさが、紅茶の一口で一変した。
なんだろう、このちょっとビックリする感じ。
初めて味わう感覚。
一緒にいた友人が

「”草食”と”肉食”の違いのような」

と表現しているのがまさしく
言い得て妙だと思った。

私は紅茶も大好きで普段から
良く飲んでいるけれど、こんな風に
日本茶との味わいの違いを
感じたことは無かったように思う。
紅茶だって、基本的にリラックス効果は
大いに期待できるものだ。

あの蕗のお茶、そういう意味では
まるで魔法にかかったかのように
安らげるお茶であった。



この記事のみを表示する”わたしをつくるもの”を作る(2ー4)

うましかて

いただきます!


§ ごはん編



ミニトマト、
粒コーンブレッド、
キャベツとベーコンのソース炒め。




カレーうどん。


§ おやつ編



今回から家で食べたおやつにも言及。
いただきもの、好物、手作りなど。

高崎名物のラスク屋さん「ガトーフェスタハラダ」で
売っている、甘くないブルスケッタのようなラスク。
以前いただいて気に入ったので買ってきた。
”ワインに合うラスク”という触れ込み。
気付くと無くなっているという状態にならぬよう
食べ過ぎ注意の代物。





高崎に遊びに行った時、友人の義母様が
持たせてくれた桜餅。
季節感や祭事を意識した生活は
心掛けたいと思っていても、
お雛様らしいことは何もしていなかったので
これを食べてやっとそれらしくなった。
感謝。


ごちそうさまでした!





この記事のみを表示する”わたしをつくるもの”を作る(2ー3)

うましかて

いただきま〜す!



いちご、
にこっぺのホットドック。

”にこっぺ”はモンタボーのパンの名前。
ネーミングが良くてつい買ってしまう。

ソーセージの下にはほうれん草のソテー。
炒めたキャベツでもおいしい。
ソーセージだけ、というのは作らないかも。
そして、マスタードは必ず。




肉ネギうどん。

深谷ネギたっぷり。
小葱たっぷり。
豚コマ、シメジ、ほうれん草、海苔。
ボリュームたっぷり!


ごちそうさまでした。