猫とワタシ

PEARLの日記

今日はどんなうれしいことを発見するかしら?

この記事のみを表示する堀内充 BALLET COLLECTION 2018

バレエ

0000539163_Fotor.jpg

<プログラム>

「チャイコフスキー組曲」
「& HE / SHE(fantasies)」
「組曲」
「アルルの女」


私としたことが、久しぶりのバレエ鑑賞。
このバレエ・コレクションは、ここ数年
毎年観に行っているので、顔触れを覚えてきた。

今回のブログラムはどれも音楽が私好みで
親しみやすかった。
一番良かったのは3番目の「組曲」。
音楽はチャイコフスキーで、振付が素敵。
大人っぽい雰囲気が似合うダンサーたち。
とりわけ先生の際立つエレガンス。
目の保養。

帰りは一緒に行った友人とご飯を食べながら
バレエについて語り合う。
満喫。



この記事のみを表示する「白鳥の湖」 K-BALLET COMPANY

バレエ

Kバレエの「白鳥の湖」を鑑賞。
矢内千夏さん、栗山廉さんという
若さ炸裂ピチピチのペア。
日本人離れしたスタイルで見目麗しい
栗山さんの王子っぷりは目を引き、
ダンスール・ノーブルを堪能。
矢内さんは安定のテクニック。
確実に、確実に・・・と
優等生のような印象。
特に白鳥が。
今後もっと弾けた踊りを期待。

ラストの演出は身投げパターン。
ロットバルトの迫力不足も手伝って
王子の不甲斐無さが際立つ。
「こんなのやってられないわよ!」
とキレて心中ではなく勝手に身投げする
オデットという構図に見えてしまう。
それを後追いする王子・・・無責任すぎる。

しかし同じ振付でも、ロットバルトが
もっと恐ろしげな存在感を漂わせてくれれば
王子の頼りなさにも同情の余地有りで、
どうにもならない現状に絶望した
オデットが身投げするのも頷けるという
構図に見える場合もある、
とは一緒に見た友人談。

古典バレエの面白さを垣間見た
公演だった。


Bunkamuraオーチャードホール
1階9列14番



この記事のみを表示する「ライモンダ」 日本バレエ協会

バレエ

昨日、都民芸術フェスティバルの公演、
バレエ協会の「ライモンダ」を観に行った。

「ライモンダ」の全幕を観る機会は
なかなか無い。
私もこれが2回目(たぶん)。
単調なストーリーで、踊る場面が
延々と続く。

ライモンダは酒井はなさん。
繊細で気品漂う踊りが秀逸だった。


東京文化会館
2階3列25番



この記事のみを表示するハンブルク・バレエ団 『ガラ公演 ジョン・ノイマイヤーの世界』

バレエ

IMG_0604_Fotor.jpg

なんでこんなに良いのかな。
放心状態になるぐらい心を掴まれる
ことなんて滅多にないのに。

ノイマイヤー自身の声を聴き、
その意味を受け止めてから観るのが
素晴らしかった。
特にこのセリフはどうしても
バレエを好きな理由そのものであり、

かけがえがない。

「ダンスの世界は激務であり、
栄光を味わうこともあれば、
挫折感に打ちのめされることもある。

また魅惑の世界であり、
献身の世界であり、
無条件に全身全霊を傾けることを
つねに求められる世界でもある。

けれどもそのダンスの世界を、
私は負担に感じたことはないし、
この芸術が犠牲を求めるものだとも
感じたことはない。

ダンスとは、愛するがゆえに行う仕事なのだ。」


最後のマーラー”愛が私に語りかけるもの”は
どうしてこうも泣けるのか。
シルヴィア・アッツォーニは、ようやく
巡り会えたダンサーにちがいないと思う。


東京文化会館
1階13列33番

(プログラムは追記に記載)


この記事のみを表示するハンブルク・バレエ団 『椿姫』

バレエ

ジョン・ノイマイヤー振付の「椿姫」は
一番と言っても良いぐらい好きな演目。
そのせいか、個人の拘りが強過ぎて
なかなか満足できないという悲しさ。

本日の配役は

マルグリット: アリーナ・コジョカル
アルマン: アレクサンドル・トルーシュ
公爵: ダリオ・フランコーニ
マノン: シルヴィア・アッツォーニ
デ・グリュー: アレクサンドル・リアブコ
プリュダンス: 菅井円加

コジョカルは大物女優の風格。
他を圧倒する演技力で貫禄十分。
だいぶイメージが変わった気がする。
けれど今日の踊りは私の好みじゃなかった。
それこそもう少し情緒が欲しい。
初日の大絶賛を聞いたため期待しすぎたか、
それとも私がただ欲しがりなだけなのか。

その一方で心を掴んで離さなかったのは
マノン組。
特に3幕・・・言葉にはならない。
見て、としか言えない。
余韻はマノンによるものであった。
アッツォーニとリアブコの「椿姫」も
観てみたい。


東京文化会館
1階17列8番