猫とワタシ

PEARLの日記

今日はどんなうれしいことを発見するかしら?

この記事のみを表示する劒岳<点の記>

2010.1.22 022

新田次郎著 『劒岳<点の記>』 の読後感。

久し振りに小説の面白さを存分に味わった。
誰も登ったことのない、いや登る事が許されないとされていた山に登り、
測量するという命がけの仕事をやり遂げた男の史実に基づいた話である。
主人公をはじめとする登場人物が良い。
特に長次郎の人柄は読んでいても実に清々しい。
こんな命がけの仕事を命令する上司や組織は主人公の苦労などまるで
気にかけてない。想像を絶する苦労を本当に分かってくれた人が誰で
あったかを読んだ時には私自身が報われたような気持ちになり、涙が
出そうになった。

「劒岳」は映画にもなり、つい最近まで上映していたが私がこの本を
読み終わったときにはすでに上映期間を過ぎていた。
最近目覚しい活躍の香川さんがどのように主人公・柴崎芳太郎を演じたのか、
長次郎がどのように描かれたのかを見てみたいものである。


この記事のみを表示するネイル #11

ネイル

2010.1.30 001

「オーソドックス・フレンチ」

やっぱりなんだかんだ言って、このネイルが一番好き。
落ち着いて、見ていると気持ちが整理される感じがする。
毎回新作の可愛いネイルデザインに心魅かれてしまうのだが、
原点はこれよね。


この記事のみを表示する長かった・・・

日記

長い一週間が終わった。
疲れた~。
でも充実感もちょっとは有る。

最近、夜ごはんを食べた後で寝てしまうクセがついて
何とかしなくちゃと思っている。
お相撲さんとおんなじで普通の人なら肥満への近道。
最低3時間は空けて寝るのが良いと聞いたことがあるけど、
疲れているときはそんなに起きていられない。
体力を付けないとなぁ・・・。

この記事のみを表示するイベント終了

日記

半蔵門のホテルで試飲会&セミナー。
今日で私が参加する一連のイベントは終了である。
クリストフは感が良いので、有り難いことに私のたどたどしい英語にも
いやな顔一つせずに慣れてくれ、お互い少ない単語で言いたい事を
当てるみたいな感覚でも通じ合ってきたところなのでちょっぴり残念。
お客さんに話すときには、火曜日に聞いた講義がとても役立った。

それにしてもずっと立ちっ放しで足腰が痛い。
マッサージに行かなくちゃ。


この記事のみを表示する中休み

日記

クリストフのイベントは今日は博多で行われている。
同僚が出張してくれたので、私は通常の事務仕事。
2日分の仕事がたまっているが、大したことはない。

めがねの生活も5日めに突入。
不自由ながら何とか過ごしている。
良く見えないのでただでさえ細い目をさらに細めているせいか
眠そうだね、と言われたりする。
夕方になると軽い頭痛が始まるのが辛い。
早くコンタクトを付けたいなぁ。
眼科に行く土曜日まで我慢である。


この記事のみを表示するセミナー

日記

クリストフ・パカレのセミナーと試飲会が池袋にあるレストランで
行われたので手伝いに行く。
大阪では試飲会場にずっといたのでセミナーを聞くことは出来なかったが、
今日はしっかりとクリストフの講義を聞くことができた。
面白くて時間はあっという間に経ってしまう。

2010.1.22 007



この記事のみを表示する人柄が表れるワイン

日記

今週は仕事でイベント続き。
久々に大阪へ出張した。
フランスからワインの生産者が来日し、試飲会とセミナーが行われた。
私が仕事上のお付き合いの有る生産者はクリストフ・パカレ。
どんな人かと言うと、見た目はくまのプーさん。
やさしそうで可愛らしい。
中身は人懐こい情熱家。
自然派ワインの造り手はみんな人柄がとても良いように思う。
それはワインにも現れていて、クリストフのワインは大人気。
私も大好きである。

この記事のみを表示するL.M.モンゴメリ 『アンの友達』 より

PEARL

2010.1.22 006

ブレアさん、あたしたちは年をとればとるほど、物事をたいせつに考えるはずだと、
お思いになりませんか? いまだってあたしにはなんでもたいせつなんですわ。
だから六十になればちょうど五倍だけたいせつになるにちがいないとおもうのよ

この記事のみを表示するめがね

日記

2、3日前から左目の充血がひどいので、眼科へ行く。
黒目と白目の境目に炎症が起きているとのこと。
お医者さんに良いと言われるまで、コンタクトレンズは絶対に
付けないようにと何度も念を押されたので、今日からしばらくめがねの生活。
私のメガネは普段使い用ではなく、あくまでも非常用なので良く見えなくて
不自由この上ない。
来週は仕事でイベント続きなのに・・・とテンション下がりっぱなし。
今日はせっかくの誕生日だったのにね。

この記事のみを表示するご馳走♪

日記

取引先の方がレストラン 「MIKUNI MARUNOUCHI」でご馳走して下さった。
言わずと知れたフレンチの三國シェフのお店である。
シェフおすすめの東京素材たっぶり、リッチなコースメニュー。
お店の雰囲気がとても素敵なのだが、とりわけ目を引くのは豪華な花あしらい。
お花がすごく素敵ね、と話していたら、お店の方が有名なフラワー・アーチストが
生けているのだと教えてくれた。
もちろんお料理もおいしかった。
東京は意外と食材を収穫できる場所らしい。

東京牛乳
東京イチゴ
東京ハーブ
町田の卵
奥多摩のヤマメ
小平のサニーレタスと紫キャベツ、みかん
西東京のキウイ
国分寺のルッコラと紅あずま
などなど。

2010.1.22 002
これはメインディッシュで、北海道・エゾ鹿のロースト ジュニエーブルの香り、
洋ナシのコンポート、小平・紫キャベツと冬のキノコ添え。

2010.1.22 003
こちらは感激のデザート。
国分寺・紅あずまのモンブラン、東京イチゴ「紅ほっぺ」のアイスクリーム、
小平・みかんと西東京市・キウイのコンポート。

久し振りにフルコースを堪能。
ご馳走様でした!