猫とワタシ

PEARLの日記

今日はどんなうれしいことを発見するかしら?

この記事のみを表示する引越の挨拶とは・・・

日記

一人暮らしを始めたうちの課の新人くんが、
「引越の挨拶回りをしたのに誰も出て来てくれないんですよ。」
「外出していたのでは?」
「そんなはずありません。絶対居留守使われたに決まってます。
 僕はショックです。」
と嘆いている。

そう言えば私も一人暮らしを始めて14年になるが、両隣は確実に何人も
変わっているのに引越の挨拶に来た人は一人もいない。
都会の一人暮らしは確かに警戒する部分も有る。
隣は何をする人ぞ。知らぬが仏的なこともあるから。
でも、顔も名前も知らぬまま、何年も隣に住んでいながら、住人が変わった
ことだけは分かるというこの感じ・・・やっぱり何か健全じゃない気はする。

そんな話をしていた矢先、仕事から帰ると新聞受けに何かが挟まっている。
よく見ると包み紙に
「隣に引っ越してきました。よろしくお願いします。」
と書かれている。中身はタオルだったが、名前はどこにも書かれていない。
この方、夜中によく吐いていらっしゃるので他人事ながら心配になる。
拒食症なのかしら?と思ったりして。
まぁ、運が良ければお姿を拝見する日も有るだろう。
(私の経験では、これがビックリするほど確率低いのだが・・・。)


この記事のみを表示する満喫♪

日記

津へ行く。
中部在住の友達、テンコさん、キヨミさんとミチルさんにティー・コジーで会う。
5月のティー・コジーのテーマは「チェリー・カントリー」。
今日が最終日。

CA3F0002.jpg

CA3F0012.jpg

CA3F0009.jpg

良く晴れて、そよ風が気持良く、爽やかな1日。
キヨミさんのスコットランド&アイルランドの旅話を聞いたり、
楽しいおしゃべりに花が咲き、時間はあっという間に過ぎていく。

この記事のみを表示するウィーン交響楽団 with 五嶋 龍

音楽

ウィーン交響楽団
首席指揮者: ファビオ・ルイジ
ヴァイオリン: 五嶋 龍

-/ 演目

ブラームス: 大学祝典序曲 op.80

ブラームス: ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.77

ブラームス: 交響曲第1番 ハ短調 op.68

サントリーホールのチケットは取れず、愛知県芸術劇場コンサートホールの
チケットを何とか入手して名古屋まで聴きに行ったのだが、このブラームス
尽くしの演目がとても良かった。

龍くんのブラームスは以前にも聴いたことがあるし、DVDも数え切れないほど
何度も繰り返し聴いているのでその良さはよく分かっているが、スケールは
ますます大きくなり、繊細な音の中にも芯(真)の強さが感じられる演奏。
力強く、伸びやかで、情熱的。
音楽ジャーナリストの林田直樹さんの言葉を借りれば、
”誇らしいまでに伸びやかな音”。

第1楽章のワルツになる部分の何とも言えないやさしい音色。
第2楽章の繊細だが、1本通った音。
第3楽章のワクワクするようなパワフルな演奏。
暑苦しい情熱ではなく、決して軽い音ではなく、荒い部分と
そうではない繊細な部分とのバランスが誠に絶妙。
聴いていて本当に気持ちのいい音色であった。

アンコールはパガニーニ。
「新しいCDの曲ですが、時間が限られているので短く演奏します。」
と自ら客席に向かって言う。
終わると私たちはもちろんだが、オケの人たちが盛んに拍手していたのが
印象的だった。

しかし、今回とにかく湧きあがるような胸打たれるものを感じたのは
オーケストラの凄さ。今まで聴いてきたオーケストラとは格が違う感じ。
その音を引き出しているのはファビオ・ルイジ。
熱い情熱的な指揮で、素敵だった。
ブラ1は、このオーケストラの魅力の全てを体感するには、最高の選曲だと思う。
重厚で深い音に包まれて圧倒されるような演奏だった。
聴く方も気合が必要で、終わるとグッタリ。
でもそれは一生懸命に何かをやり遂げた後の爽快感のようなもの。
超がつく至福の時間だったことは言うまでもない。

この記事のみを表示する悩み事の延長には楽しみ事が。

日記

結局パソコンを購入。
昨日夜中までかかってセットアップした甲斐有って今はとっても快適。
ネットやメールの速度が抜群に速くて嬉しい。
前のPCでは時間がかかっていたHPもサクサク開ける。
ラップトップからノートPCに替えたのも良かった。
場所の有効利用。
狭い家だから案外大事なことだったりする。

金曜日の夜。
家でまったりとこの休日前の素敵な時間を過ごしているわけだが
今の私は悩み事と楽しみ事で頭がいっぱい。

悩み事というのは今夏の海外旅行のこと。
行き先はクロアチアと決まっていて、休暇の根回しもぬかりなく
半年前から交渉開始。難航しながらも理解を得て何とかなりそうな
ところまできた。後は行くだけ・・・となるはずだったのだが、
蓋を開けてみれば旅行代金の何と高いこと!
ざっと予算を10万超え。
そして飛行機も非常に取りづらいとかで、一切をお任せしている
旅行のプロも苦労している様子である。
それで仕切り直しするか、行き先を変えるかなどでこのところ
ずーっと悩み続けているわけで・・・。
一人の時間ができるとそのことばかり考えてしまう。
行き先を変える代替案も魅力的ではあるが、なにせずっとクロアチアへ
行くのだという気概で準備してきたものだから、どうもピンと来ない。
そこへ行く自分を思い描けないのだ。
たまたま今日お昼を一緒に食べた同僚に状況を話してみたところ、
「問題は旅行代が高いことだけなの?」
と聞かれ、
「だったら行くべきなんじゃないかな。一度行くと決めれば、
お金のことはさ、働いていれば何とかなるものよ。それより、
折角の機会が有るのに行かないと、ずーっと行きそびれて挙句にもう
チャンスは巡ってこなくなることがあるから気を付けた方が良いよ。」
と実体験に基づくアドバイス。
その人と話しているうちにぐちゃぐちゃになっていた頭の中が少し整理できてきた。
何だかもっと色々な問題が有るように感じていたけれど、
そうか、お金だけなのか・・・。
後は私自身がどうしたいのか、ということ。
答えはもう決まっているような気がする。

一方楽しみ事というのは、明日、五嶋龍くんのヴァイオリンを聴きに
名古屋へ行くことである。
龍くん、今月初めのカーネギー・ホールでの演奏が絶賛されているとのこと。
そんなん聞いてしまうと楽しみで仕方がない。
日曜日に友達と津で集まることも考えるだけでわくわくする。

こういうことのために仕事を誠心誠意頑張るというのは清々するものだ。

この記事のみを表示する物要りだ~(涙)

日記

パソコンがCDを読み込まなくなったので、サポートセンターに
問い合わせたところ、確実に故障しているとのこと。
修理費は結構いいお値段で、しかも私が今使っているパソコンが
古いので、部品が生産されなくなるから、新しいものを
買うことをお勧めします、と言う。
メーカーいわくPCの寿命は約5年だそうだ。
それでお勧めPCを色々教えてくれて、買うとなるともうこれは
想定外の出費。修理費の方が安いことは安いのだが、新しいPCの
性能を聞いてしまうとやっぱり欲しくなるのが人の心理というもの。
それがメーカーの常套手段と分かっているのに、なんだかなぁ・・・。
まずは安くすると言われた値引き価格が本当に安いのかどうか
明日調べてこよう。

この記事のみを表示するアイルランド産のミルク入り狭山産チョコレート

日記

今日は一日中雨だし、これといった予定も無いので、家で過ごしている。
おやつはチョコレート。

チョコレート

先日母が送ってきてくれたのだが、わざわざ付箋で
「アイルランドのミルクが入った、狭山工場のチョコです」
とメッセージが付いていた。

アイルランドは私の好きな国で、狭山は実家があるところ。
好きな国と縁の有る場所のコラボということでテンションが上がる
のは言うまでも無い。
分かってるな~。
しかし、狭山工場とはどこにも書いてないので一応裏を確認しようと
ネットで調べてみると、この芥川製菓という会社は去年狭山工場を新設
していた。しかし、この会社は業務用の製造・卸売りが主で小売をして
いないのである。
ではなぜ、母がこのチョコレートを買えたのかというと、本社と工場の
周辺地域住民を対象にアウトレットセールが年に数日だけ行われるそうだ。
サイトは無く、販売日程は新聞の折込チラシでしか発表されないのに
口コミで毎回行列で整理券が配られるほどの人気らしい。

ふむふむ、そんな貴重なチョコだったのか・・・。
味は濃厚でなめらか。
遠くアイルランドののどかな景色を思い浮かべながら、美味しさをかみしめた。
ご馳走様でした!

この記事のみを表示するマラーホフの贈り物 Bプロ

バレエ

マラーホフ2 
(プログラムより)

総じてAプロよりBプロの方が良かった。
今日は千秋楽ということもあり、ダンサーも乗っている感じで
素晴らしい公演だった。
マラーホフはちょっとしたサプライズも用意してくれており、
思わず嬉し涙。
(いやいや”ちょっと”ではない。”すごい”サプライズ。)
日本の観客が大好きといつも言っているのが、本当なんだな~
とレベランスをしているマラーホフを見て思う。
それにしても、ここ数年のマラーホフは本当に踊りが円熟している。
その生の舞台をこの目で見られる幸せ。
今日もたっぷりと味うことが出来た。

この記事のみを表示するMonster / ARASHI

アラシゴト

monster2.jpg 

昨日携帯にダウンロードして私の目覚ましの音楽は「Monster」。
5人で歌っているサビだけど、智くんの歌声で目覚める感覚で
今朝の目覚めはバッチリ。
そして今日やっと初回版を受け取り、
聴いて、
見て、
嵐を満喫♪

PVはダンス。
踊っている智くんは最高に素敵。
一箇所凄く好きなところ、
こ~こ~ろを抱いて♪
で手を顔の前で交差するところ。
その手が・・・う、うつくしい!

メイキングは5人が仲良いところを見せ付けててくれればくれるほど
こちらは勝手に癒されます。

というわけで
すぐはせよ~。
明日もぱややんやん。

この記事のみを表示するマラーホフの贈り物 Aプロ

バレエ

マラーホフ4 
(プログラムより)

素敵な公演だった。
座長自ら沢山踊ってくれたし、相変わらず美しい容姿と
ムーヴメントは歳を経るごとに味わい深く、まだまだ踊れる
マラーホフを見られることに幸せを感じた。
プログラムは当初予定していたボリショイのペアが不参加と
なったせいか全体的に地味なものが多かった。
ガラで超絶技巧の作品が無いのは珍しいかもしれない。
でもしかし、今日は何と言ってもシュツットガルトのペアが
本当に素晴らしかった。あの類稀な表現力!
今日一番の鳴り止まぬ拍手を受けていたのは彼らである。
来年か再来年にはシュツットガルト・バレエ団の来日公演が
あるそうなので、実に楽しみである。

この記事のみを表示する山梨

日記

今日はお昼から山梨へ出張。
山梨へ行くのはたぶん入社3年目に取引先に一度行って以来、
仕事でもプライベートでも行ったことがない気がする。
つまり○○年ぶり?
天気が良くて、景色が野山になってくると
あぁ~、これから遊びに行きたいな~。
今日が金曜日だったらな~。
温泉に入りたいな~。
なんてことばっかり考えてしまう。
正直、交通費と時間ばかりかかる出張だったけれど
たまにこういうのも気分転換になって良いね。