猫とワタシ

PEARLの日記

今日はどんなうれしいことを発見するかしら?

この記事のみを表示するADELE 21

音楽

ADELE.jpg

久し振りにCDを買った。
アデル。
秋の夜長に聴きたいソウルフルなボーカル。
シンプルな楽曲が好き。
この歌唱力・・・これからどんな風になっていくのか
楽しみな21歳。



この記事のみを表示するごきげんよう

日記

午前中は「おはようございます。」と挨拶するが、それ以外は
常に「お疲れ様」というのが、会社の決まりごとだった。
ところがつい先日、なぜか「お疲れ様」は仕事が終わった人に
使う言葉だからむやみに使わないように・・・という随分いまさらな
おふれが回ってきた。

すっかり習慣化して、今まで何かと言うと「お疲れ様」を口癖の
ように言ってきた社員たちは、何を言ったら良いのか戸惑い、
無言で会釈とか「こんにちは」をぎこちなく電話の開口一番や
すれ違った際に言ったりする。

前の会社では「こんにちは」と一日に何度も言っていたから
私はあまり違和感が無いが、こうなると「お疲れ様」は意外と
便利な言葉だったなぁ、などと思う。

そして、近頃一部の人たちで「お疲れ様」に代わって
使われている挨拶が「ごきげんよう」である。
今日もエレベーターに乗ったら、中の人に「ごきげんよう」と
言われ、「ごきげんよう」と返した。
私の記憶が正しければ、この言葉は幼稚園以来使ったことが
無い。私が通っていた幼稚園は私立のお嬢様幼稚園だったから
先生や友達に挨拶するときは「ごきげんよう」と言わされて
いたのである。そのことを突如思い出し、思わず笑いそうになった。

「ごきげんよう」

ちょっと違う風が吹き、お上品な空気が漂う響き。
使い慣れれば好きになる言葉かも?!


この記事のみを表示する腹十分

日記

今日は会社帰りに友達と待ち合わせて食事。
最近お気に入りのビュッフェ形式の自然食レストラン「ハーベスト」で。

ビュッフェ

野菜が沢山食べられるので良いのだが、ここの難点は
腹八分が難しいこと。つい食べ過ぎちゃう。
案の定今日もいっぱい食べて苦しがる。

でも楽しかった!


この記事のみを表示する食べることが大好き!

日記

涼しくなったので今日からお弁当開始。
昨日友達のお父様が丹精込めて育てたじゃがいもを使って
肉じゃがを作ったので、玄米を炊いて、サラダと一緒に
持って行った。
ダイエットをずっとしているせいか、お弁当の内容がそれまでの
献立とはかなり違うものに自然となっている。
食べる順番や食べ方もすっかり身についていることを実感。
まぁ、肉じゃがはダイエット食とは言えないが、量を調節。
何よりも戴いたじゃがいものおいしいことと言ったら!
つい顔がほころんでしまう。
有り難いし、嬉しいし、そんな思いも一緒に噛みしめて
食べるのが幸せ。


この記事のみを表示する余韻と現実

日記

もうちょっと発表会の余韻に浸っていたかったが、
会社へ行った途端に現実へ引き戻される。
そう、今週は月末なのだった。

でもたまに頭の中に「パキータ」や「夜会のワルツ」、
「アンブレラ」の音楽が流れてくると束の間また
夢の世界へ思いを馳せたりして・・・。

でも仕事はちゃ~んとやってますよ。

この記事のみを表示する打ち上げ

バレエ

スタジオへ衣装を返却しに行くと、先生が一人一人にちゃんと
手渡しでプレゼントを下さった。
テロンとした生地の履きやすそうなパンツというか、ジャージと
いうか。スタジオのロゴ入りでとっても嬉しい。

スタジオでは飲み物と食べ物を用意して下さっていて
みんなで乾杯した。先生が次の発表会の構想を話して下さり、
私たちはその直後からまた次の夢を見る雰囲気に・・・。

しばらくスタジオにいて、それから「夜会のワルツ」を踊った
メンバーで近くにあるイタリアンで簡単な打ち上げをする。
その時も次に何を踊りたいかという話しで盛り上がる。
夢が広がっていくのはなんてステキなんだろう。


この記事のみを表示する夜会のワルツ

バレエ

何だか夢心地で終わった一日だった。
朝から発表会の会場であるメルパルクへ行き、
レッスンを受けてから、舞台へ上がって最後のリハーサル。
それからお化粧して写真撮影して・・・。
本番は18時半から。

私が踊る作品は先生が振付して下さった「夜会のワルツ」。
初心者の発表会にありがちな舞踏会系。
少し緊張したけれど、いつも通りに出来たかな?!
「きっと、あっという間に終わるね。」
とみんなでよく話していたけれど、本当に一瞬だった。

自分たちの出番が終わったら、急いでお化粧を落として客席へ。
他の出演者たちの舞台を観るのだ。
一緒にレッスンしてきた仲間や上級生たちの踊り。
スタジオで見るのとは違い、照明と舞台装置がついた
完全な形で見ると、それはまた別の世界。
その世界の中に入り込んで観ると、バレエって本当に
素晴らしいな、心底好きなもの、と思うのだった。

プログラムの最後は先生が生徒たちを従えて踊る「パキータ」。
群舞と主役が同じ振りで一緒に踊る場面の多いこの作品を
第一回目のラストに選んだ先生の気持ちが伝わってくるよう。
先生の美しさは圧巻で、瞬きするのも忘れて見入ってしまう。
プリンシパル・バレリーナとしての姿だった。

全てが終わり、遅い時間だったけれど帰るに忍びなく
「夜会のワルツ」を踊った仲間たちと近くのおでん屋さんへ。
解放された気持ちと充実感に浸り、今日一日のこと、バレエのことを
沢山話してとても素敵な時間を過ごし、家路についた。

ballet 4 





この記事のみを表示する本番前日

日記

今日は朝からレッスンに行って、
さらっとリハーサルをして帰宅。
今は明日持って行くものをチェック中。

支度をしながら聴いている音楽は「リバーダンス」。
気分を盛り上げるというより、私にとっては
普段通りに楽しくて落ち着いた気分になれる音楽。
でも今の気分はたぶん、自分が思っているよりも
ずっと高揚している。

ともあれ、明日は本番。
あぁ、楽しみ!



この記事のみを表示するおひつ購入

日記

たち吉で陶器のおひつを購入。
価格は木のおひつに比べれば、比較にならない程リーズナブル。
本当に玄米がモチモチのままで保存されるし、冷凍にしてあっても
おひつで解凍&レンジでチンすれば再び炊きあがった時と同じ状態に。
おひつパワーの恩恵に与る日々。
ますます玄米の虜になりそう。


この記事のみを表示する台風直撃

日記

電車が止まり始めた午後3時過ぎに会社が早く帰れ命令を下した。
でも私はその後バレエのリハーサルが有るので、4時半まで仕事をして
スタジオへ行った。

何だか暴風雨が一番ひどい時間に外へ出てしまったようで、会社から
新橋駅までの10分で服の色が変わるぐらい全身びしょ濡れになる。
それから銀座線に乗ったが、一駅動いて5分待ち、また一駅動いて
5分待ち・・・という状態。何とかスタジオの最寄駅まで行き、
そこからスタジオまでの5分足らずの間に傘は壊れ、靴もダメになり、
酷い格好で到着。
友達と先生の顔を見たら何だか安心して
「わ~ん、会えて嬉しいよ~」
という気持ちになった。

今日は踊る作品の最後のリハーサルの日で何としても参加したかった。
来られない人も多かったけれど、やっぱりレッスンできることが
有り難かったなぁ。早く行かれたお陰でじっくり練習できたのも良かった。

帰りも電車は止まっていたり、遅れていたりして、思いのほか
遠回りしなくてはならなかったけれど、ちゃんと家に着いたし
問題は何も無し。唯一電車が動いていない場所に住んでいる友達の
ことが気がかりだけど。

3月の地震を思い起こせば、台風ごときで気持ちは動じない。
まずは、なんとかなるさと考える・・・そういう風になっている
自分を改めて認識した。

今はすっかり晴れて虫の声が聞こえる静かな夜。
明日は暑くなるのかな~?