猫とワタシ

PEARLの日記

今日はどんなうれしいことを発見するかしら?

この記事のみを表示するハッピーハロウィーン♪

日記

伯母が亡くなったという知らせが入る。
ふと自分の爪を見て、あ、これじゃあお葬式には行けないわ、と
ネイルサロンに電話してオフしてもらいに行く。
このサロンに通い始めて2年とちょっとだが、その間一度たりとも
純粋に自分の爪だけで過ごすという期間が無かった。
ジェルネイルを施していない爪の強度に不安がある。
久し振りに見る何もアートしていない自分の爪。
見慣れないということはないが、何だか指先がよわよわしい。

施術してもらった後はいつも飲み物とちょっとしたおやつを出して
くれるのだが、今日はハロウィーン仕様の可愛いお菓子。それを
いつも飲んでいるさんざしのお茶と一緒に頂く。
ハロウィーンは私には全くなじみの無いイベントである。
子供の頃はそんなの無かった。イースター同様外国映画の中だけに
登場するイベントだった。最近の子供たちにとってはクリスマスと
同じぐらい楽しみにしているイベントだと聞き、ちょっとばかり驚くと
共に何だか複雑な気分である。





この記事のみを表示するバレエの発表会・・・友人の。

バレエ

今日は友人のバレエの発表会を観に行った。
考えてみると私はプロの公演は沢山見ているが、所謂バレエの
「発表会」というものをあまり見たことが無いのだった。
友人が出演する演目は「グラズノフのワルツ」。
「次だわ、ワクワクするなぁ。」
と待っていると聴こえてきた音楽はあれれ??
なんと私が9月の発表会で踊った「夜会のワルツ」と同じ曲なのだった。
うわ~、この曲を聞くのはあれ以来だけれど、体が反応してしまう。
振付は勿論全然違うし別の踊りなのだが、この曲のせいでドキドキが
止まらない。
いや~、なんたる偶然。
友人も私もこの夏中ずっと同じ曲で踊るとは知らずに
「短い曲なのよ。踊るのも一瞬でね、それなのにその一瞬の踊りが
大変で・・・。」
などとお互いに報告し合っていたのかと思うと笑える。

発表会はプロの公演とは違い、目線がやさしくなる。
プロの公演だと時には手厳しい感想を言ったりもする私だが、
発表会だととにかく、頑張って!と心から応援しながら見てしまう。
だってどんなに一生懸命にレッスンしたかが身に沁みて分かるものね。


この記事のみを表示するシルヴィ・ギエム オン・ステージ2011 Bプロ

バレエ

SYLVIE GUILLEM
(プログラムより)

シルヴィ・ギエム オン・ステージ2011 HOPE JAPAN TOUR の
Bプロは
コンテンポラリー作品がメイン。
シルヴィが今一番見せたいものはこれだろう。

それにしても、シルヴィ・ギエムの今回のツアーに対する熱い思いが
伝わってくるステージは見ているだけで胸が痛い。
「私はベジャールの魂を連れて行く。もし彼が生きていたら日本の為に
かならず何かしたはずだから。」
そう語っていたインタビュー記事は涙無しでは読めないものだったし、
シルヴィは今の日本にずーっと長いこと滞在して、東北地方でも
公演してくれるのだ。

全身全霊で尊敬してやまない人。
同じ時代に生きているこの奇跡が本当に誇らしいと思える人。
そして、シルヴィ・ギエムの踊りを見続けてこられた
幸運に心からの感謝を捧げる・・・今日はそんな夜だった。

この記事のみを表示する東京オアシス

映画

映画 『東京オアシス』 を観た。
なんだか捉えどころのない映画だった。
小林聡美さんは素敵だけれど、セリフがつまらないというか。
普通過ぎるし日常過ぎる。
舞台が東京だからなのかなぁ。
演者がほぼ同じなのに、「かもめ食堂」や「めがね」や「プール」や
「マザーウォーター」のように、澄んだ空気の中で生きているような、
背筋が伸びるような、丁寧に生活することが美しく沁み込んでいるような
あの感覚は今回無かった。そういう世界へ連れて行って欲しい気分だった
からちょっと残念。

それより、予告でやっていた「
ピナ」。
予告なのに、心を揺さぶられ、圧倒される。
本編見たら号泣するんじゃないだろうか・・・とさえ思うほど。
来年の2月公開。
楽しみである。


この記事のみを表示する札幌出張

日記

久々の出張先は札幌。
行き先が札幌というだけでウキウキする私。

想像していたよりはだいぶ暖かかったけれど、木々は紅葉して
すっかり秋であるところはさすがの北国。
色づいた山と街、そして何といっても空気がキレイだった。

sapporo.jpg

10月も終わりということはそろそろ初雪が降ってもおかしくない。
今年はやっぱり暖かいのかまだその気配は無いのだとか。
そう言えば雪虫も見かけなかったなぁ。

札幌のホットな話題と言えば中央区に出没した熊の件。
どうやらまだ見つかっていないらしい。

今日のお仕事は見晴らしの良いホテルでフランスワインの試飲会。

wine.jpg

仕事が終わったら、飛行機に乗るまで時間があったので
ごはんを食べて帰る。
札幌に来ると食べたいものが沢山あって困るのだが、
今回はスープカレーに挑戦。
初めて食べた。
具沢山でスパイシー。沢山の野菜と共にとろける角煮と、
それよりもさらにトロけるとりの骨付き肉が入っていて美味。
北海道らしいのはチーズいもだんごが入っていたこと。
でも、スープカレーの正解って何なんだろう。
今日は「スープカレー専門店」と謳っているお店で食べたのだが、
それぞれのカレー屋さんによって味も見た目も随分違うらしいのだ。
ネットの評判によれば、スープカレーのお店は大抵とても個性的
なのだとか。そんな面白い情報を聞くと、もっといろんなお店の
スープカレーを食べてみたくなった。


soupcurry.jpg


この記事のみを表示するネイル #33

ネイル

nail #33

大人しめのネイルだけど上品な感じで凄く気に入っている。

ネイリストさんからトマトラーメンのおいしいお店を教えてもらう。
今日は昨日の食べ過ぎがまだ完全消化していないので断念。
今度行ったときに入ってみよう。



この記事のみを表示するみやび

日記

今日はバレエの話だけにしようと思ったけれど、その後に行ったお店が
あまりにも良かったので、やっぱりまた食べる話を書くことにする。

シルヴィ・ギエムの公演後、会社の友人が神田にある天ぷら屋さん
みやび」に連れて行ってくれた。
お店は知らなければ通り過ぎてしまいそうなぐらい小さくて一見普通の家の
ように見えるから通になった気分。
カウンターで揚げたての天ぷらを一つ一つ大事に味わって頂く。

tenpura 1

土瓶蒸しはホッとする心に染みるおいしさ。
今年初の松茸入り!

tenpura 2

tenpura 3

締めはミニかき揚げ丼。なめこ汁とお漬物と一緒に。

tenpura 4

デザートはりんごのシャーベット。スプーンを入れると
赤い色が花びらのように現れる芸の細かさ。

tenpura 5

天ぷらはいちいち写真には撮らなかったけれど、相当食べた。

海老の頭、めごち、アナゴ、エビ、はぜ、イカのシソ巻き、
ホタテと青ノリ、はす、さつまいも、銀杏、アスパラ、玉ねぎ、
白れいタケ、みょうが、ヤングコーン、湯葉のシイタケ巻き。

食べすぎだろ?!
大将が薦めるもの全て、
「はい!いただきます。」
って食べていたからねぇ。
デザートを食べ終わった時にはもう一口だって入らないという
状態だった。腹十二分ぐらい?

でも幸せだったなぁ、食べている間ずっと。
なんでこんなに美味しい物は幸せな気持ちになるんだろう。
明日からまた頑張ろうという気持ちに本気でなる。
友人と二人でこれからお互いに繁忙期に入るけれど、こんなに
素敵な一日を過ごして美味しいものを食べたのだから、絶対に
頑張れるね!
なーんて言い合ったりして。

友人が大将に
「こんなに人を喜ばせる仕事が出来て本当に素晴らしいですね。」
と声をかけていた。
100%同感!

あまりにも美味しくて幸せでホッとしている時に入ってきた
お客さんは、なんと歌舞伎役者の尾上菊之助さん。
このお店の常連さんらしい。
わぁ、なんだか得した気分。

お店を出たら、すぐ隣の神田明神にお参りして今日の幸福を
神様に感謝する。
堪能した芸術と食欲の秋。
大満足の一日であった。





この記事のみを表示するシルヴィ・ギエム オン・ステージ2011 Aプロ

バレエ

シルヴィの踊りを観るのはとても久し振りな気がする。
心なしか痩せたように見えるシルヴィ。
骨と筋だけに見える腕。でもなぜか逞しくも見える。
今日は素晴らしい演技者としてのシルヴィ・ギエムを堪能。
「田園の出来事」のマッシモ・ムッルとのアダージオには
ただただウットリ。
そして、アンソニー・ダウエルの踊りが見られたのも、
まるで思いがけない御褒美のようで嬉しかった。

guillem1.jpg
(プログラムより)


詳細は
  ↓

この記事のみを表示する美食会

日記

物凄く久しぶりの美食会は、来月から産休に入る後輩と二人で
銀座のフレンチ鉄板焼きのお店「a hill 第7感」へ行く。
美食会のお店を選ぶ時の条件の一つは、日常を忘れられる雰囲気
であることなのだが、そういう意味ではこのお店はとても良かった。
今回はカウンター席を申し込んだので目の前でシェフが料理して
いるところを見ることが出来るのも面白い。
後輩が妊婦さんなので、生ものは食べられないことを告げると
快く受けて下さり、カルパッチョをテリーヌに変更したり、
お肉の焼き方を変えてくれるなどして下さった。

ahill 1

ahill 2

栗とケッパーのポタージュ。
ほっぺたが落ちる美味しさ。

ahill 3

目の前でジュージュー焼けるところを見ていたら
期待値もそれと共に上昇。この演出がたまらない。

ahill 4

焼きカレー♪

ahill 5

女子会はデザートがなくては成り立ちません!
涙もののタルトタタン。
紅茶と一緒に。

ahill 6

何とも素敵な時間だった。
後輩とゆっくりじっくりと話す機会が持てたことも良かったし、
シェフと時々お話するのも楽しく、お料理はおいしいし、
美食会として文句の付けようがない。
最初にこちらの予算を告げておけば、それに合わせたコース料理を
用意してくれるところも気に入った。(今日のコースは5000円。)



そしてまた食べる記事で終わる私の日記。
最近自分の日記を読み返すと、バレエのことか食べることしか
書いていないことに気付き、読んでくれている人に申し訳ないという
気持ちがフツフツと。
それ以外に話題は無いのか??
うーむ・・・・・・無い。
というわけでバレエと食べることが私の生活の殆どを占めている
今年の秋である。



この記事のみを表示するfummy's grill

日記

最近、野菜のおいしさを売りにしたお店が増えている気がする。
ダイエット中で何かと体に気を使っている食いしん坊の身には
有り難い限り。しかも野菜中心だとお値段もリーズナブル(^O^)
今日の夕食は、友人と一緒にesola池袋のfummy's grill
バーニャカウダーコースを食べる。

dinner2.jpg

バーニャカウダーは大好物。
どの野菜も新鮮でおいしい。

dinner1.jpg

マグロの三色ペッパーソテー コチュジャンと焦がしバターソース。
これは絶品!口の中でマグロがとろけて、あー、うんまい♪♪♪

dinner3.jpg

その他にも野菜がたっぷり入ったトマトソースのパスタや
食べ応えのあるデザートもしっかり頂いた。

私と同じシンパシーを持つ友人との話しは尽きることがなく、
楽しくておいしい時間は瞬く間に過ぎて行ってしまう。
そんなひとときに感謝する日曜日の夜。
こういう日があるからまた明日から頑張れる。