猫とワタシ

PEARLの日記

今日はどんなうれしいことを発見するかしら?

この記事のみを表示する魔の地帯

日記

有楽町のロフト&無印良品は魔の地帯。
もちろん目的が有って行くのだけれど、
それだけで済んだ試しが無い。
ロフトでちょこっと買って、無印でちょこっと
買って、Muji Cafeで簡単にご飯食べて・・・とか
やってるとちょこっとじゃない金額になっている。
今日もそのパターンでして・・・しばらく近付かないで
おこう。


誕生日に頂いたお花はまだ元気に咲いています❤


flower 2



この記事のみを表示するこれ、なーんだ。

日記

kashitsuki.jpg

これは加湿器。
頂き物だが、使い始めてかなり重宝している。
今の時期、寝ている間、暖房を付けていると
朝は喉がカラカラ。物凄く乾燥していることを
実感するのだが、これを置くようにしてからは
喉カラカラは無くなった。しかもお肌がしっとり
・・・しているような気がする。(あくまでも
「気がする」だが。)
蒸気が出るわけではないので、本当に加湿して
いるのか見た目は全く分からないけれど、
電池も使わないし、静かだし、一晩置いて朝見ると
タンクに水が全くないところを見れば
ちゃんと加湿しているみたいだし、何より自分自身の
状態で明らかである。
地球にやさしい、が売りの商品だけどその通り。
密かにお気に入りである。


この記事のみを表示する今一番出会いたい人?

日記

何かと折り合いの悪い歯医者さんと決別。
こちらがいくら素人で知識が無かったとしても、
表面上はそれらしく振る舞ったところで、
お座成りだったり、いい加減だったり、適当だったり、
そして親身じゃないっていう人間性は分かるものだ。
信頼関係が築けないというのが一番の理由だけど
ほかにも最もなワケがあったので、それを話して
円満に終了。話し合いの最中の先生の様子を
見ていて、この決断は間違っていないと確信。
また歯医者難民だけど、頑張って信頼できる歯医者さんを
見つけよう。実は今一番出会いたい人だったりして(切実)。

話は変わるが、京都で買った、炊いたごはんに
混ぜるだけの「ちりめんゆばごはん」は凄く美味しい♪
今回は書いてある通りに白米に混ぜたけれど、
玄米に混ぜても美味しく食べられそうだ。
また京都に行ったら買ってこよう。

gohan.jpg







この記事のみを表示する会いたい人には会いに行く

日記

「聞きたいことは、いま、聞かなきゃだめ。
 知りたいことは、いま、知らなきゃだめ。
 会いたい人には、自分から会いに行かなきゃだめ。
 やりたいことは、いま、やらなきゃいつやるの。
 また、はもう、私には無い。」

 (― 『おとなの小論文教室。』より)

何日か前のほぼ日手帳に載っていた言葉。
いちいち頷いて、これを我が生活の中でも徹底したいと思う。
特に、会いたい人には会いに行くというところ。

坂本竜馬の小説を読んでいると、スゴイと思う
ところはもちろん色々あるのだけれど、一番は
交通機関の無い時代に、会いたい人がいると
日本全国どこにいても躊躇することなく直接会いに
行ったあの行動力。

また、先日坂東玉三郎さんがインタビューで
「人間同士が直接会わなくても色々なことが出来る
時代になったけれど、人間同士が直接会って話し合う
ことを大切にしてもらいたいし、人間同士が会える
ものの中で夢を見てもらいたいと思います。」
というようなことを仰っていて至極共感した。

限られた時間の中で何を選択するのか、
自分の中の「大切」の基準を間違わないように
したいと思う。

strawberry.jpg 

この記事のみを表示する美々卯の会

日記

mimiu.jpg

年に一度の美々卯の会。
今年も無事に開催され、いつものメンバーの
顔を見てホッと安心する。
それぞれを取りまく状況は良くも悪くも
少しづつ変わっていくけれど、来年もまた
みんなで集まれますように。



この記事のみを表示するココアの落雁

日記

会社には内緒だが、外国のチョコレートが
あまり好きではない。
常々日本のチョコレートが一番!
と思っている私である。
好きなチョコレートは食べ過ぎるので
ダイエット中はあまり買わない。
Higashiyaさんのバレンタイン向けのお菓子、
ココアの落雁がおいしくてお気に入り。

wasanbon_20130128222510.jpg

この記事のみを表示するネイル #51

ネイル

nail #

乾燥する季節。
爪に亀裂が入るなどのダメージを修復してもらい
気分良し。
図らずしてバレンタインデー仕様のデザイン。
そう言えば、もうそういう季節なんだっけ。
会社でサロン・ド・ショコラへ行った人からの
お裾分けをもらってやっと気が付く始末。。。


この記事のみを表示するフォレスト・カーター 『リトル・トリー』 より

PEARL

flower

「理解は年を経るほどにいっそう深まってゆき、
命に限りのある人間のあらゆる思いや説明を
超えたところまで行き着くことができる。」




この記事のみを表示する深い思いやりと学びとる精神と。

日記

本日は私の誕生日。
バースデー休暇を取って、人生の先輩二人と
豪華ランチを食べに行った。
場所は前から行ってみたかった表参道にあるレストラン、
ロアラブッシュ

lunch 9

ハイソな雰囲気が漂う素敵な外観。

lunch 8

お料理は中嶋寿幸シェフのフレンチ・コース。
こちらは前菜。

lunch 1

お魚料理はイトヨリ。

lunch 2

お肉は鴨肉の赤ワインソース。
副菜がお行儀よく並んでいる感じが可愛らしい。

lunch 3

デザートが凄かった。
ワゴンに乗った6つのホールケーキと、もうひとつの
ワゴンに乗った焼き菓子、クレープ、シャーベットなど
から好きなものを好きなだけ。
私はイチジクのムースとガトーショコラ、ゆずシャーベットを
チョイス。
このお店を予約してくれた友達の計らいで、私のお皿は
このように誕生日仕様に変身。

lunch 4

コーヒーを頼んだらちっちゃなお菓子付き。

lunch 5

ロアラブッシュは正式には「ミュージアム1999ロアラブッシュ」。
それはたばこ王の館であり、その財産である豪華なインテリア、
調度品、絵画を公開しているから。
食後に見学させて頂いた。
舞台美術も多く手掛けたロシアの画家エルテの絵画がどの部屋にも
飾られており、部屋そのもの、インテリアは超贅沢。

これは青い部屋。
何が素敵って窓からの景色が絵のように
部屋と素晴らしく調和していること。

lunch 6

こちらは黄色が基調の部屋。
部屋の中央にある時計に全てインテリアのデザインを合わせたそうだ。
部屋代を払えば、ここでお食事することも出来るとか。

lunch 7

ロアラブッシュは水曜日がレディースデイでランチはお得。
だから今年の誕生日が調度水曜日で来たということも
あるけれど、友達がこれを機に毎年1月23日は
直接おめでとうを言う日にしたいと言って下さり、
何曜日でも企画してくれるそうだ。
こんな風に言って下さるのを聞くと何だか嬉しくて泣けてくる。

豪華なランチの後は大好きな根津美術館へ行き、
平日だからこその空き具合とゆったりした気分を
味わった。こんなに空いている根津美術館に
来たのは初めて。土日ではあり得ない。

人生の先輩二人から学ぶことは多い。
今日も色々な面白くて興味深い話を聞いたけれど、
年を経れば経るほどあらゆる意味で自立する必要が
あるという話が印象深かった。

夜は夜でバレエ仲間とディナー。
野菜がとっても美味しいお店、日本橋二丁目ダイニングで。
こちらも気の合う趣味仲間との楽しい会話が最高だった。

美味しいお料理と気の合う人との語らいの時間を
堪能した一日。
44歳の最初の日は最高の滑り出しであった。
残る364日も、昨日より今日が最高と思える日の
連続であるように。
そんな風に年を経ていきたいな。

この記事のみを表示するビワの葉エキス 製作の巻

日記

本日は大寒。
ビワの葉に一年で最も栄養と力が宿る日。
ということで高崎の友達のところへビワの葉エキスを
作りに行ってきた。
お庭に立派なビワの木があるので、葉っぱを採取させて
欲しいと前から依頼しておいたのである。

ビワの葉っぱを収穫。
そもそもビワの木をこんなにまじまじと見たのは初めて。
地味に花も咲いていたのだが、これも初めて見た。

biwa 1

葉っぱの汚れを取り、裏側にある産毛のようなものを
たわしで取る。

biwa 2

ふきんで水気を取ったら、はさみで切る。
こうするとエキスが染み出しやすいのである。

biwa 3

刻んだ葉っぱを容器の七分目ぐらいまで入れて
35度の焼酎をかぶるまで注ぐ。

biwa 4

ラベルを貼ってひとまず完成。
エキスが出て、色が茶色になるまで3ヶ月ほど、
冷暗所で保存する。

biwa 5

何だかこういう作業って楽しい!
友達と一緒にするのがまた何とも言えず
いい感じで、これぞアン的生活。
アボンリーの御婦人になった気分♪
ビワの葉と楽しい時間をありがとう!