猫とワタシ

PEARLの日記

今日はどんなうれしいことを発見するかしら?

この記事のみを表示する時の使い手に

日記

あぁ、2月が終わってしまう~。
3月は大忙しである。
仕事もプライベートもやること山積み。
一瞬も無駄にしない心づもりで過ごさなきゃ。
でも、春を楽しむ余裕は残して。


kamakura 12


この記事のみを表示する桜餅

日記

kamakura 10

北鎌倉の和菓子屋さん「こまき」。
ここの桜餅が美味しいというメモが去年の手帳に
書いてあり、今は奇しくも桜餅の季節だからと訪ねてみた。
常に季節に合わせた一つの和菓子だけを売っている。
家に持ち返って食べるのが楽しみ。

kamakura 11

こんな高級な桜餅食べたことない。
期待膨らませ、いただきま~す。

この記事のみを表示する花より団子

日記

写真のワークショップで知り合った4人が、久しぶりに
集まって鎌倉散策。
梅が美しく咲いているに違いないと大いに期待したのだが、
まぁ、咲いちゃいない。蕾は固く、まだまだ咲かないぞと
寒さに耐えているように見えた。
今年は開花が遅いのだろうか。
梅が美しいことで有名な東慶寺と瑞泉寺へ行ったのだが、
「これが全部咲いたらさぞかしきれいでしょうねぇ。」
とずらりと並んだ何百本とある梅の木の黒い枝を見ながら
頭の中で想像するばかり。
仕方が無いのでちょろちょろと咲いている梅の花を撮影。

kamakura 4

kamakura 6

満開なのはミツマタ。
水仙もきれいに咲いていた。

kamakura 1

梅は無くとも、素晴らしく晴れていて
早春の空気がとても気持ちがいい。
途中で美味しそうなパン屋さんを見つけて入ってみたり、
雑貨屋さんを覗きながらのんびり歩くのは本当に楽しい。
お昼ごはんはマクロビの食事が頂ける Cafe Life Force にて。

kamakura 3

友人が、
「この時期だけ鎌倉で商売しているのだけれど、どこにいるのか
分からないから会えるとは限らないし、そもそも生きているのか
どうかも分からないというぐらいのお年のおじいさんが
屋台を引いていて、その焼き芋がとても美味しいの。
おじいさんは山形出身なので訛りがひどく、何を言っているのか
なかなか聞き取れないの。また会えるといいなぁ。」
と言い、私たちは異口同音に
「会えるといいね」
と。そうしたら・・・

いました!
屋台が。

但し、お爺さんではなかったけれど。

kamakura 8

お爺さんは引退したそうだ。
この方が後を継ぎ、焼き芋の美味しさは変わらず。

kamakura 9

それにしても鎌倉は楽しいなぁ。
良く食べ、良くしゃべった。

ありがとうございます。




この記事のみを表示する予定外

日記

珍しく買い物熱が止まらない。
パソコンの下見に行っただけなのに、なぜマクロレンズを
買う羽目になってしまうのか・・・。
まぁ、良い。
お願いぃ~と値切ったら安くしてもらえたし、
いずれは買おうと思っていたのだし、何より
今週末は鎌倉撮影会が控えているではないか。

取り敢えずテスト撮影。

mame.jpg

富澤商店のりんご豆。
うまいっす。


この記事のみを表示するお買い上げ

日記

bag.jpg

見えちゃったから。
ブルーの目が合っちゃったし。
あと残り1つですって。
まるでデジャヴ、以前迷った挙句、買わずに後悔したこと有り。
(奇しくも同じブランド)
うちのゴグとマゴグも「買って買って」とせがむのよ。
(確かにそんな気がしたの。)

色々入れても重たくならないところがお気に入り。
荷物の多い私にはピッタリ。
こういうのは出会いよね。
いいお買物でした。


この記事のみを表示する美意識過剰?

日記

何事を行うにも、もっともっと美しさを求めたい。
自分の美意識や美的感覚を信じて。
年を経ていくからこそ、嫌なものも見たくないものも
沢山見てきた今だからこそ、見える美しさや
表現できる美があるはず。
そんなことを考えた今日。
自分の内側から活力が湧くのを感じた。
共感してくれる人がいるのは嬉しいこと。

flower 16-2



この記事のみを表示するネイル #52

ネイル

nail #52

最近は一色塗りがマイブーム。
シンプルなのに、強い存在感。
スタッツのアクセントもお気に入り。
何度も見ちゃう、嬉しい指先。





この記事のみを表示する本当はどんな香り?

日記

市販されているアロマ・キャンドルの香りが
どうも苦手である。滅多に気に入ることは無い。
アロマテラピーをやっているせいか、人工的な
香りがダメである。洗剤や石鹸なども自然な香りが
するもの以外は受け付けない。
というわけでキャンドルで香りを炊く場合は
無臭のろうそくを買ってきて、エッセンシャルオイルを
合わせて自分で作る。
しかし、そんな私もこれは珍しくも好奇心が
勝ったので炊いてみた。

mayflower candle

カナダのお土産。
私の憧れの花、メイフラワーのロウソク。
本物のメイフラワーは見たことが無い。
小説の中で読んだことがあるだけ。
香りの描写って書いてあったかしら?
記憶が無いので想像もつかない。
このキャンドル、たぶん、いかにも外国の香りって
いうような強い香りがするのだろうと思いつつ、
恐る恐る炊いてみた。
癒されはしないが、恐れるほどの香りではない。
ほんのり甘く、何かの香りに似ていると思い、
暫く思案してようやく思い出した。藤袴のポプリの
香りにほんの少し似ているのだった。
藤袴の香りは大好きだが、このキャンドルの香りは・・・。
本物のメイフラワーは一体どんな香りがするのだろう?


この記事のみを表示するたかが薬缶、されど薬缶。

日記

ちょっと奮発して買った銅のやかん。
今はピカピカしているが、使い込んでいくうちに
どんな味わいに変化していくのか、とても楽しみ。
あとは南部鉄器の可愛い急須があれば、私の
ティーライフが完璧になるなぁ、と思っている
今日この頃。

yakan.jpg

この記事のみを表示するリフォーム

日記

指が痩せたのかお気に入りのシルバーの指輪が
気付いたら落ちるぐらいに緩くなってしまったので
サイズを直してもらおうとジュエリーのリフォーム屋さんへ
持って行った。
しかし、シルバーのようではあるものの、本当の素材が
不明であることや石を押さえている爪が甘くなっている
ことなどの理由で
「うちではお取り扱い出来かねます。」
と言われてしまった。
お直し料金を参考までに聞くと、指輪そのもの以上の
値段である。
そもそもファッションリングで高価なものでは無いし、
サイズ直しにそんなにお金使うのもどうなの?
ということもあり、諦めるしかないのかなぁ・・・
と思っていたら、インターネットで自分で出来る
サイズを小さくする方法、というのを見つけた。
それはマニキュアを分厚く塗るというもの。
上手に塗れば3号ぐらいまで小さくできるとか。
もし失敗してもマニキュアを取れば元通り、
という言葉に後押しされて、早速やってみた。
なるほど結構出来るもんだ。

ちなみに直したかった指輪は、インドから輸入されたもの。
石が沢山ついているデザインが可愛くて、インドで買ったら
一体何分の一の値段なんだろう?という思いも浮かびつつ、
衝動買いした代物である。マニキュアを使ったサイズ直しは
全く妥当な方法だと満足感に浸っている。

ring.jpg