猫とワタシ

PEARLの日記

今日はどんなうれしいことを発見するかしら?

この記事のみを表示するネイル #55

ネイル

nail #55

ちょっとラブリー過ぎたかな?
最近暗いので、せめて爪だけでも可愛らしく。



この記事のみを表示する名作

日記

再放送している「北の国から」を1話から録画してずっと見ている。
何度も見ているはずなのに、いまだ発見多し。
飽きない。
面白い。
懐かしい。
大好き。
癒し効果抜群なのは良いが、富良野の景色を見ていると
無性に北海道に帰りたくなってしまう。

今日の発見。
純と蛍が中畑のおじさんの家で友達と見ているアニメは
「赤毛のアン」❤


sapporo_20130523201132.jpg 
(北海道ですが富良野ではありません・・・)





この記事のみを表示する柿の花

日記

何がきっかけだったかは忘れたけれど、去年から
柿の花を見たいと思っていた。
メモが手帳に残っていて、5月に咲くと書いてある。
家の近所に柿の木があるのは分かっていたので、
時期さえ逃がさなければ見られると思っており、
念願叶って見る事が出来た。

hana 130518

花言葉は「自然美」。
とっても納得。



この記事のみを表示する良き日

日記

今日は色々大変なことがあったにも関わらず
とても良い一日だった。

まずは歯医者さん。
念入りな調査の甲斐有って、やっと信頼出来る
歯医者さんに出会うことが出来た。
この喜びはかなり大きい。
それで今日はお昼休みに奥歯を抜歯したのだが、
その技術とプロ意識の高さに感動すら覚えた。
前に通っていた歯医者とは段違い。
比べ物にならない。
素晴らしい!
何と言ってもビックリなのは、次も早く行きたいと
思っている自分がいること。歯医者へ行くと思った
だけで本当に物理的に足が前に出なくなっていた
私なのに。
何がこんなに気持ちを変化させたのだろう?
先生の素晴らしさは勿論あるけれど、それだけでは
無い気がする。とても些細なことだけど徹底された何か、
前に通っていた歯医者さんには完全に欠落していたものが
満たされているのだろうな、と思える。
それが何なのか、言葉には出来ないのだけれど。
今日抜いた奥歯の悲しい姿と御対面。
出来れば死ぬまでお別れしたくなかったけれど
無理させちゃってゴメンネ。今まで本当にありがとう。
と心の中でお礼を言った。

仕事帰りは久しぶりにバレエのレッスン。
あぁ、金曜日のレッスンは楽しい、楽しい。
先生や馴染みのメンバーたちに会えたのも嬉しい。
それに今日ラッキーだったのは上級クラスの
私の大好きな踊りをする人がレッスンに来ていたこと。
目が釘付け。
「また気が向いたら初中級クラスに来てね。」
とお願いしちゃった。

レッスンの帰り道、バレエ仲間が自分がモットーにしている
という尊敬する画家である堀文子さんの言葉を教えてくれた。

「慣れない、群れない、頼らない。」

カッケェ!

満ち足りた気分で家路に着くと一番好きな形の月が
大きく輝いているのが見えた。


hana 130517 



この記事のみを表示する大ショック!

日記

超お気に入りの時計をトイレに落として流してしまった。
ズボンのポケットから落下。

あぁっ!

と思った時すでに遅し。
渦巻く水流にのみ込まれて行ってしまった。。。

そもそも、そこらへんに置いて忘れないために
ポケットに入れたのに。

何て日だ!

kamakura  




この記事のみを表示する電報

日記


入社2年目の同僚が、難しい顔で
「電報って何ですか?」
と聞いてくる。
どうやらこれまでの人生で電報を見る機会が
無かったらしく、イメージ出来ないと言うのである。
NTTの電報の冊子を見せてこういうものだと説明すると

「どうしてわざわざお金かけて電報を送るのですか?
メールじゃダメなんですか?」

と言われて面食らう。
しかしよくよく考えれば、今となっては電報はただの
形式でしかないものだ。
廃れそうで廃れないのは、気持ちを表すものだから?

見たことない・・・か。
最近はやらないけど、昔、笑っていいともで電報の紹介って
毎日していたと思うんだけど、ひょっとしてその頃は生まれて
いなかったてこと?

後は、古い映画で見るよね。
サウンド・オブ・ミュージックとか。
I am 16, going on 17♪

hana 3


この記事のみを表示するアフロちゃん

日記


実家へ行くとアフロちゃんがお出迎え。

afro 1

「あ、これカーズ?映画見たよ。」
「見た?俺も見た。」
「面白いよね。」
「うん。」

私が行くと、自分のことを急に「オレ」と言い出し、
明らかに他の大人と扱いが違う。
実家に来ても同じ年頃の遊び相手もいないし、
まぁ、私がその役回りで、アフロちゃんもそれを
しっかり認識しているという感じである。

「レゴで遊ぼ~。」

正直、レゴ自体にはすぐに飽き飽きした私だが
レゴで遊ぶアフロちゃんを見ていることには
一向に飽きないのであった。
アフロちゃんは飽きっぽい私とは違い、忍耐強く
辛抱強く最後までやり遂げるタイプらしい。

今日の成果。
殆どはアフロちゃんが一人で作ったのだけど、
私と一緒に作った恐竜について、共同作業で作った
ことを他の大人たちに強調する大人なアフロちゃん
なのであった。

afro 2

オレとか言っちゃってても、ちょっとした言葉に
大受けしたり面白がってくれるところはやっぱり子供。
39歳差だけどネーネーはめっちゃ楽しかったよ。



この記事のみを表示するネイル #54

ネイル

nail #54

久しぶりのハーフフレンチ。
パステルカラーで春。
写真では分かりづらいけれど
中指と親指はレインボーカラー。
スタッツも付いている。


この記事のみを表示するひたむき

日記

ひと雨ごとに緑の色が濃くなって青空に映える。
まだ、湿り気の無い空気と爽やかな風。
東京では、一年で最も清々しい時期。

ハナミズキ、マロニエ、ツツジ、ジャスミン。
日を追うごとに入れ替わる花々。
待ちわびたバラの季節到来。
道路沿いに咲く野バラを見て、私が毎年
勝手に楽しみにしている近所の家の深紅の
バラも咲いただろうかと気になったり、今年は
どこへバラの写真を撮りに行こうかと考えたり。

最近特に好きな言葉は「ひたむき」。
笑ったり感動したり、心が動く時にはいつも
「ひたむき」が関係している。

五感が自然に開いている5月。
ほんのたまさかの、この季節を
ひたむきに楽しむ。

tokyo 3