猫とワタシ

PEARLの日記

今日はどんなうれしいことを発見するかしら?

この記事のみを表示する機種変更

日記

ついにinforbarとお別れ。
ようこそ iPhone 5。

あぁ、氷河の流れとは段違いのこのサクサク感。
Love

しかし、諸事情あってアドレス帖が移せない
という一大事発生。
地道に更新中・・・う~。



この記事のみを表示するお店のBGM

日記

会社近くの自然食レストランは、お料理はそれなりに
美味しいけれど、お店のBGMがハードロック。
どちらかと言えば静かにお昼を食べたい私は
しばらく足が遠のいていた。
今日久しぶりに行ってみたら私好みのジャズが
流れている。
ピアノのスパルタカスとか。
この曲大好き!
聴くだけで幸せな気分になれる。
好みの問題だけどBGMは大事。
侮れないと思う私である。




この記事のみを表示する小さいおうち

映画

小さいおうち



友人から頂いたチケットで映画 『小さいおうち』 を観に行った。

とてもとても丁寧に作られた、細部にまで配慮の有る
映画という印象。

平凡な生活なのだけど、その生活の仕方がいいなと思う。
普通だけど、ちゃんと生きているという感じがする。
少し前の時代までは当たり前だった、着物で生活するって
ちょっと憧れる。

トーリーはとても地味で、微妙な心の機微の積み重ねが
物語を紡いでいくようなものだったが、一つ一つ全て、

実力のある人たちの力が結集されるとこんなにも
見応えのある映画になるんだなぁと思った。
小さいおうちのインテリアや小物がステキ。
出てくる食べ物がいちいち美味しそう。
本筋とは別にそういうところも楽しめる。

しかし、久石譲さんの音楽はワンフレーズ聞いただけで
それと分かり、しかも「ハウルの動く城」に冒頭部分が
似ているので賠償千恵子さんの声と合わさると
どうしてもハウルがちらつく。
それに、どんなに毛色の違う役どころであっても
吉岡秀隆さんと中嶋朋子さんを出したら純と蛍。
「北の国から」がちらつかずにはいられないという
見る側の問題あり。
でもこういうのは、「難」というよりもどちらかと言えば
ちょっと嬉しい部分であったりもするかな。

この映画でベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞した
黒木華さんは初々しくて素晴らしかった。
「花子とアン」にも出演するそうなので
今からとても楽しみである。






この記事のみを表示する最高のメンバー

バレエ

荒木町のお気に入りの店、Chioriにて
発表会で「祈り」を一緒に踊ったメンバーが
集まって遅ればせながらの打ち上げ。

まず、最初にふっと出た年齢の話題で激震が走る。
なんなの、この美魔女集団は!
ふあぁ、あのスタジオは年齢不詳な人多過ぎ。

そして話題は見事に全部バレエ。
みんな大好きなのよね、本当に。
それぞれ色々なことを感じながらレッスンしていることを知る。
普段はなかなかこういう話出来ないから、
お酒も入っているし、ここぞとばかりに出る出る、
面白話や意外な話や正直な思いとかここだけの話とか。

3時間半話してもバレエの話題は尽きることがなく、
実に楽しい時間だった。
改めて、素敵なメンバーと一緒に踊れて良かったなぁ、と思う。
何だかとても幸せな気持ち。
私ももっともっと頑張ろうと思えた。


この記事のみを表示する二つの痛み

日記

真央ちゃんのショートの演技に
心を痛めて過ごした一日。

一日を経て、真央ちゃん自身が、
これがやりたかったこととキッパリ言い切る
自信に溢れた美しいフリーの演技に心は震え、
痛いほどの感動で満たされる。
真央ちゃんの笑顔を見たとき、どんなに
それが見たかったのかを知る。
心の温もりがどこまでも広がっていく。
深い感動で涙が止まらない。
真に人々の記憶に残る演技だった。

二つの痛みと一緒に味わった喜びに
何とも言えない幸せを感じて涙が
勝手に出てくる今日という日。






この記事のみを表示するネイル #65

ネイル

nail #65

昨日、今年初めて沈丁花の香りを吸い込んだ。
まだ寒いけれど、確実に春は近付いている。
そんな風に思って選んだ春待ちデザイン。


この記事のみを表示する真央ちゃん・・・

日記

う~、胸が痛い。。。

練習量もひたむきさも情熱も人一倍だろうに
1位のキム・ヨナと何が決定的に違うのだろう?
精神力?
その一言で片付けたくない気分。

明日は何もかもから解放されて自由にのびのびと
演技して欲しいなぁ。
真央ちゃんの笑顔が見たい。




この記事のみを表示する深夜に備えて

日記

連日のオリンピック観戦で体内時計が
狂いまくりだが、そんな日々もあと僅か。
今夜はフィギュアスケート女子。
応援頑張る!

今日は女子初めてのメダル獲得の
嬉しいニュースも有ったし、是非とも
これに続いて欲しい。

さてと仮眠せねば。。。

この記事のみを表示するフードポルノ

日記

レストランなどで料理の写真を撮ってSNSに
投稿することを「フードポルノ」と言うらしい。
フランス人のシェフが言い始めたことのようだが、
マナーが悪いことへの批判と皮肉を
タップリ含んで生まれてきた言葉だと思う。
このフードポルノたる行為については賛否両論、
様々な意見が有る。

かく言う私もこれまで料理の写真をブログや
フェイスブックに投稿してきたし、本当に
美味しそうな料理や盛り付けが芸術的な
お料理が目の前に出されるとつい写真を
撮りたくなってしまう。

数年前に、とあるカウンターだけの小さな
イタリア料理店で出てきたパスタの写真を
撮ったところ、シェフに結構きつめの言い方で
注意されたことがある。その時は、お店の中や
お客さんの写真を撮ったわけではないし、
そんな風に言わなくても良いのではないかと
思ったが、シェフがハッキリ、キッパリと言ったので、
そんなに気分を害するようなことをしてしまったの
だろうか、とお店を出てから考えこんでしまった。
以来、写真を撮る時にはなるべく断るように
しているのだが、あまり度が過ぎるとやはり
マナー違反と感じるし、雰囲気を壊すような
ことになるのなら、行儀が悪いということに
なるのではないだろうか。
とにかく、誰かが嫌な思いをするのであれば、
それはするべきではないと思う。
かと言って、全面禁止令を出されても面白くない。
一緒に食事をする人たちの気持ちやお店の雰囲気
などを良く考えて、節度を以て楽しむのが
品格のある大人というものでしょう、エヘン。


この記事のみを表示する星野道夫 『旅をする木』 より

PEARL

hana 20140217


「これがぼくの短いアドバイスだよ。
寒いことが、人の気持ちを暖めるんだ。
離れていることが、人と人とを近づけるんだ。」