猫とワタシ

PEARLの日記

今日はどんなうれしいことを発見するかしら?

この記事のみを表示する旅の記念

手紙



銀座三郵便局 ・・・ 弁慶
京橋郵便局  ・・・ 助六

並べるとカッコイイよ、という友達のアイデアを頂戴し実行。

ふむ・・・あ~!吉右衛門の方を弁慶にすれば良かった。
例によって後から気付くパターン。。うぅ、仕方ない。

以前は初日印も風景印もコレクションには興味が無く、
取ったらすぐに手紙を書いて投函していたが、最近に
なって御朱印帳に押印してもらうようになった。
このやり方は好き。
自分の足でちゃんと出向いて取ってきた証になるものね。
住んでいる街でも、
遠出した場所でも、
本格的な旅でも。




この記事のみを表示するマキシマムカード 簡易生命保険100周年

手紙

h280930_sheet.jpg

100周年だから100個の❤なんだとか。
(数えてないけれど)




ハートだ!
お花だ!
これは恋だ!

と、可愛らしいデザインに触発されて用意した葉書だったが、
切手が生命保険ということを失念していた結果、何とも
意味深なマキシカードに・・・。
想像力逞しく、いや、サスペンス小説の読み過ぎか?

あとはこんな感じで、特に意味は無く色彩重視。


Collage_Foter R



この記事のみを表示する本日のうましかて

うましかて

第一食:

アマランサス入りごはん
豆腐と海草と長ネギのおみおつけ
きゅうりのナムル
トマトとシソのサラダ
豚肉とししとうの梅煮





その他:

緑茶



<運動>

していない。


<メモ>

ここのところ秋らしい食事をしていたのだが、暑くて湿度が
高いとやっぱり夏メニューに逆戻り。





この記事のみを表示するマシュー・ボーンの『眠れる森の美女』

バレエ

148_9d35e79a-ec16-4729-a0d1-75e353acb406.jpg

まだまだ公演は続くものと思っていたら、今日が千秋楽と知り、
急遽予定を変更してシアターオーブへ急行。
着いたのは開演45分前だったけれど難無く当日券をゲットする。


IMG_2500.jpg

雄弁なチャイコフスキーの音楽に乗せて、ワクワクに応える
スピーディーな展開。
え?え?どうなるの?どうするの?・・・そう来るか~、みたいな。
なんと、あんな血なまぐさい展開になるとはねぇ。
そして、愛の場面は限りなくロマンチック♡♡♡

見所はいろいろあるが、やはりカラボス(カラドック)と
レオ&ライラックの対決はハイライトであろう。
超絶かっこいいカラボスの登場シーンは何度でも見たい。
でもすぐに死んでしまって、物語は息子カラドックに受け継がれる。
カラボスは死んでしまうけれど、同じ妖精でもライラック伯爵の方は
永遠の命なのか?!
そう、まるでサム・ライミのホラーに出てきそうなゴシック妖精たちを
統べるのは、頼もしき味方であるライラック伯爵。
このカラボスとライラックが、美しく妖艶で魅力的であればあるほど
物語は盛り上がるのだ。

マスクを付けていようが、目隠ししていようが、どんなに
ポーカーフェイスを決め込んだって、感情が手に取るように
伝わってくる不思議。
毎度のことながら独特の振付が天才的だなと。

まぁ、ほかにもいろいろあるのだけれど、文章が上手く
まとまらないのでこの辺で・・・。
観に行って良かったです。






この記事のみを表示する本日の献立などなど

うましかて

第一食:

サラダ

IMG_2490_foter R


第二食:

ラタトゥイユのパスタ

IMG_2494_foter R


その他:

紅茶
チョコレート



<メモ>

昨日の予言通りラタトゥイユでパスタを作った。
パスタは大倉フーズ取扱Rummo社のパスタ。
旧ルッソ・・・だったかな?!(詳細は忘れました・・・)



この記事のみを表示する本日のうましかて

うましかて



ポンパドールで米粉のパンを買ったので
ラタトゥイユを作って挟んでホットドックにした。
美味しかった♡
明日はパスタにしようかな。




この記事のみを表示する本日のうましかて

うましかて

第一食:


特製豆乳ラッシー


第二食:

§ タリーズコーヒーにて

なすとベーコンのトマトソースパスタ


第三食:

はてなの飯


その他:

マルセイバターサンド
シ―フォームケーキ
チョコレート
キャラメル
人形焼き
コーヒー

酵素



<運動>

高温反復入浴
朝夕ストレッチ
ジャイロキネシス 1レッスン




<メモ>

美味しい梨が食べたい。
西友で売っている梨は全然美味しくない。
たまたま美味しくないのかと思ったが、いつ買っても不味い。
本当に美味しい梨の味を知ってるからなぁ。
たぶん、西友の梨も普通なんだろうけれどあの味では最早
満足出来ないと言うか。贅沢な悩みなのだ。




この記事のみを表示する耳が幸せ

音楽



この前の日曜日の「題名の無い音楽会」。
演奏された上原ひろみさんと五嶋龍くんの「Place to be」と
上原さんのソロ曲「Wake up and Dream」を繋げて編集して
ずっとリピート。
録画しておいて良かった。




この記事のみを表示する変化

日記

このところ毎夜、ベッドに入ると色んなひらめきがやってくる。
すごくいいひらめきだと眠れないし、とても困る。
ゴソゴソと起きだして準備したり、忘れないようにメモしたり。
一つ終わるとまた次のひらめきが・・・。
この手のひらめきは出来る事なら昼間やってきてはくれまいか。

けれど、時々思う。
果たしてこれらはホンモノだろうか?
夜書いた手紙は、朝読めないって言うアレに似たような
ものではないのか。朝になれば、なんだ大したことないでは
ないか、何を勘違いをしているのかワタシは、などと思って
消えていってしまうのだろうか。

これは最近始めたことの影響に違いない。
楽読とか、マインドフルネスとか、三点倒立とか・・・。
少しづつ変化が起こり始めているのを感じつつ、
まだまだ確信が持てない私である。







この記事のみを表示する本日のうましかて はてなの飯の巻

うましかて

第一食:

はてなの飯
小松菜のお浸し
なめこと海草のおみおつけ
たくあん





その他:


酵素
緑茶
醍醐
クッキー



<運動>

朝夕ストレッチ
高温反復入浴



<メモ>

台風のせいで一日中降り続く雨。
被害が出ている地域もあるようで心配だ。
その一方で、安全さえ確保出来ていれば、嵐の日は好きだ。
もう少し付け加えるなら、嵐の日に安全な家の中で穏やかに
過ごすのが好きである。
強い雨音を心地良いBGMにして高田郁さんの「八朔の雪」を
読み返す。鰹を生姜と醤油・酒・味醂で煮てごはんに混ぜ込む
”はてなの飯”はこの本に出てくるお料理だ。作ったら読み返し
たくなった。
あの小説の中に出てくる人たちみたいに、いつも柔らかい心で
いたいものだ。そして、小松原様の男前っぷりにまたまた
惚れてしまう私なのであった。