猫とワタシ

PEARLの日記

今日はどんなうれしいことを発見するかしら?

この記事のみを表示する11月はヨナの月

日記

11月が終わってしまうなんて信じられない。
個人的には散々な月であった。
急性胃腸炎に2回もなって、アウト・リバース・七転八倒の
苦しみをイヤというほど味わった。
誰かに側にいて欲しいと、今まで欠落していると思っていた
感情が初めて沸いてきて、孤独を痛感。
しかし、こんな姿は誰にも見せたくないとか、誰かに来て
もらうには部屋が散らかり過ぎているとか、痛みで朦朧と
した頭の中は意外と冷静で見栄っ張りなのであった。
こんな時、マインドフルネスや瞑想は全くの役立たず。
でも、考えようによっては自分の内側から発せられた
痛みと超真剣に対峙していた時間でもあった。
そうせざるを得ない状況だったのだが。
けれどこんなことは月に2度も味わうようなことじゃない。
そういう意味ではとても可哀相だったワタシ。

でも、良いこともあった。
磐梯熱海温泉へ1泊2日の旅行。
遠出は心の洗濯なり。

それに遠方の友達と仲間たちに会えたり、少し疎遠に
なりつつあった友人から連絡が来て再会が叶ったり。
持つべきものはやはり友。

こう書いていると、一つ一つがいつも以上に大切に
思えていることに気付いたりして、今月は散々だった
という感想を撤回したくなってきた。
日記に書きたいことも実はいろいろ有ったので、
それはおいおい更新するとしよう。


IMG_2914.jpg



この記事のみを表示するブランク

日記

超久々にエクセルを使って表作り。
ブランクを感じる・・・関数忘れかけてるし。
けれどお陰様で使い勝手最高の表が出来ました(← 強がり!)


_DSC5235.jpg







この記事のみを表示する

日記

今朝方、すごい夢を見てしまった。

私は歌舞伎座から銀座4丁目に向かう道路の真ん中にいる。
なぜか車は通っていないが沿道に人はいる。
チャイコフスキーの「花のワルツ」が大音量で流れている。
4丁目の交差点のど真ん中に台が置いてあり、そこで亡くなった
團十郞さんが「花のワルツ」の見本を軽やかに踊っている。
歌舞伎の格好のまま、化粧もしていて、手には扇子を持っているのに、
やっていることはバレエ。優雅にソッテ&バランセを繰り返していて、
私はそれを真似して踊る。しかも一人で踊っているわけではなくて、
なんと橋之助さんを相手に踊っているのだ。橋之助さんは完璧な
エスコートで私はもうウットリ・・・。

これ、一体何の深層心理?!

_DSC5040-f.jpg 




この記事のみを表示するマキシマムカード 「土星を見上げる少女」

手紙



この土星の切手はホログラムになっていて、陽の光に
当てると虹色になるのだとか。
蛍光灯の灯りでは色が変わらず、自分の目で
確かめることなく手放した。受け取った人が
気付いてくれるといいな。


話は変わるけれど、今朝”サワコの朝”で小林幸子が
何気なく言ったこの言葉。

「思い込みを捨てて、思い付きを拾う」

私もいつもそうしたい。





この記事のみを表示するマキシマムカード 「入間航空祭」

手紙

IMG_2801 (1)_Fotor

開始時間に入場したけれど、物凄い人だった。
日本郵便のテントは、フレーム切手を求める人の長蛇の列。
押印の列は空いていてラッキー。

航空ショーは家から見えるので、今まで入間基地に行くことは
無かったのだが、行ってみれば結構楽しくて、カッコいい制服を
着た人達が沢山歩いているのも目に保養。
郵趣きっかけで、今まで興味が無かった物事に目が行くと
いうのは視野が広がるようで面白い。





この記事のみを表示する入間航空祭

日記

二日前に確認した時、今日の天気は一日中雨で、
昨日確認した時点では午前は雨後曇、午後は晴れの
予想であった。
しかし、雨は夜のうちに散々降って、朝から笑いが
止まらないほどの快晴に。
まさに航空ショー日和であった。

写真は全て実家のベランダにて撮影。
肉眼ではこの何倍もの大きさで見えるロケーション。
思いがけず大興奮!
常に逆光だったのでファインダーを覗くこと無く、
液晶を見ることなく、全て勘所でシャッターを連射。
カメラ任せ。

実にエキサイティングな一日であった。


_DSC5263 (1)

お気に入りの1枚。

_DSC5265 (1)

ブルーインパルスが描いた画面に入らないほど大きなハートが射抜かれるところ。

_DSC5183.jpg

ぱらぱらパラシュート。

_DSC5110 (1)

_DSC5192 (1)

偶然撮れていた一枚。いいでしょう?

_DSC5055 (1)