猫とワタシ

PEARLの日記

今日はどんなうれしいことを発見するかしら?

この記事のみを表示するお手紙ブログを更新しました。

手紙


マキシマムカード 『グリーティング切手 リラックマ』



この記事のみを表示する熊谷和徳 タップダンス ライブ

日記

IMG_4475.jpg

早く申し込めたおかげでとってもいい席。

タップダンス: 熊谷和徳
ギタリスト: 青柳拓次
パーカッショニスト: ラティール・シー


セネガル出身のラティール・シーさん。
強烈な存在感でかっこ良かった。
見惚れちゃう。


IMG_4488.jpg

撮影OK。タップの躍動感とか音楽のビートが
感じられる写真を撮ってみたかったけれど
伝わるだろうか。
難しい・・・。

IMG_4478 (1)_Fotor

熊谷さんはデビュー20周年なのだとか。
ダンスを見ているというより
リズムを眼で見ている感じ。
間近で見られて迫力満点だった。


@ 東急プラザ銀座 KIRIKO LOUNGE


この記事のみを表示するお手紙ブログを更新しました。

手紙


マキシマムカード 『ふみの日にちなむ郵便切手』






この記事のみを表示するお手紙ブログを更新しました。

日記


小粋な手紙箱 #4




この記事のみを表示するお手紙ブログを更新しました。

日記


名古屋中央郵便局

津中央郵便局









この記事のみを表示するTea Cozy

日記

IMG_4440.jpg

津にある完全予約制のお気に入りのカフェ
「Tea Cozy」の今月のテーマは”マリメッコ”。


IMG_4407.jpg

はじめに冷たいエルダーフラワーウォーター。
サンドイッチはパンがふかふか。
北欧紅茶はとってもいい香り!
そして、なんと言ってもマリメッコケーキに感動。
食べるのがもったいないのに
おいしいからすぐになくなっちゃう。

IMG_4414.jpg  IMG_4418.jpg

右を見ても左を見てもどこを見回しても
ステキしか無いオーナーのユミさんの
拘りとセンス溢れるインテリアに釘付け。
そして、ここへ来るといつも思うのが、
空気まで違って感じるような清潔感。


IMG_4427.jpg

IMG_4412.jpg

IMG_4438.jpg

IMG_4411.jpg

ミィの髪型にウニッコのワンピースを着て
接客中のオーナー、ユミさん。


IMG_4421.jpg

今日は仲良しの友人4人と訪問。
写真は津在住のお友達と。
満足感が顔に表れてる?!
やっぱりここに来ると癒されるなぁ、としみじみ実感。
今後は今までとは違う方式でカフェをなさるとのこと。
馴染みの有る今のうちに来られてホント良かった。


IMG_4447_Fotor.jpg







この記事のみを表示するパリジェンヌ展

日記

名古屋ボストン美術館で開催中の
「パリジェンヌ展」を観に行った。
コスチューム、絵画、リトグラフ、写真。
粋で洒落ていてユーモラスで素敵なものばかり。
目の保養。

そして、空いていること!
絵に近付いて、心ゆくまで堪能しても
誰にも邪魔されないし、文句も言われない。
イヤなものがひとつもない展覧会だった。
グッズ売り場ではずーっと探していた
ポストカードを見つけて大興奮。
来て良かったな~♪

アクセス抜群でこんなにいい美術館なのに
閉館してしまうらしい。
なんと惜しいことだ。


IMG_4389.jpg







この記事のみを表示するジャイロキネシス 2周年

日記

週一で通っているジャイロキネシスの
クラスが2周年ということで、
レッスン後に持ち寄りパーティを開催。
スタジオが2周年ということは
私も習い始めてほぼ2年経つ
ということになる。
ジャイロによって保たれている
身体の状態というものがあるし、
レッスンすれば確実に
伸びて剥がれて整う感覚は
気持ちが良くてやめられない。

いろいろ大変だったときに
ジャイロに来ることで助けられた
ことを考えると先生には感謝しかない。


IMG_4370_Fotor.jpg

ノンアルコールの飲み物も
こんな外見なら飲み会で
雰囲気を壊すこともない。
細やかな心遣いが出来る素敵な人との
出会いもジャイロを習うことで得た
嬉しいことのひとつである。



この記事のみを表示するお手紙ブログを更新しました。

手紙


マキシマムカード 『第8回 世界の植物切手展』


この記事のみを表示するブルックリン

映画

169529.jpg 


映画 『ブルックリン』 を観た。

アイルランドからニューヨークへ
単身渡った女性の青春物語。
主演のシアーシャ・ローナンが魅力的で
アカデミー主演女優賞ノミネートも納得。
アイルランドから出てきた頃は、
純真でいかにも世間知らずな感じなので
後に結婚することになる男性との出会いも、
もしかして騙されているのでは?
とハラハラ。
結局無用な心配に終わる。
一途で純真なのは彼の方だった。

アイルランドへのホームシックも解け、
仕事も順調、ボーイフレンドも出来ると
自信に溢れて見違えるように次第に
垢ぬけて行く彼女。
そこらへんの描き方が秀逸。

最後はハッピーエンドには違いないけれど
あまりスッキリしない。

道を間違えなくて良かったね。
運が良かっただけだけどね。

・・・みたいな意地悪い気持ちが残る。



★★★☆☆
WOWOW