猫とワタシ

PEARLの日記

今日はどんなうれしいことを発見するかしら?

この記事のみを表示するお手紙ブログを更新しました。

手紙


鎌倉雪ノ下郵便局




この記事のみを表示するご縁と食欲の秋

日記

今日は鎌倉に住んでいる友人に
会いに行った。
今年のはじめに出会い、
私にデトックスの良さを教えてくれて
その最中には精神的に支えとなって
くれていた人だ。
あれ以来、デトックス抜きで
友人として会うのも、
じっくりと話すのも初めてだった。

洒落た釜飯屋さんでお昼を食べて、
大仏様の近くでお団子を食べて、
森の中でコーヒーを飲んだ。
花(?)より団子。

元気をお裾分けしに行ったはずが、
明るく前向きな話を沢山してくれて
逆にパワーを分けてもらった感じ。
そうだ、そういう人だった。

帰りにゆっくりと暮れていく
やさしい陽の光を浴びながら
出会った日のことを思い出し、
縁とは必然だなぁとしみじみ。

すてきな一日だった。

IMG_4671_Fotor.jpg





この記事のみを表示するオオカミ少年

日記

IMG_4763_Fotor.jpg

私が言い訳がましく
「なかなか出来ないよね〜」
と実行力の無さをボヤいている間に
実家の断捨離の進み具合が半端じゃない。
ミニマリストでも目指しているのか?
と思うほどの徹底ぶりで、
整理整頓すると言い続けて全く進歩のない
私は一体何をしているのだろうか?
もはや狼少年さながらの嘘つき状態に
なりつつある上、実家に帰るたび
日記に同じことを書いていることを
思い出し、今日こそ猛省。

しかし、
「これ要る?」
と使えそうなものを取っておいてくれるのは
有難いのだが、こうしてまた我家に
物が増えるのであった。

どう使おうか目下思案中のすてきな籠たち。

IMG_4772_Fotor.jpg

玄関先に咲いていた秋の紫陽花も我家へ。
夏の間は切り花はもたないので
飾らないでいたけれど、やっぱり
いつもお花が飾ってある部屋に
住みたいと思う。


あぁ、癒される。


IMG_4766_Fotor.jpg




この記事のみを表示するお手紙ブログを更新しました。

手紙


藤沢郵便局




この記事のみを表示するblack coffee

日記

今日、10月1日は”コーヒーの日”とのこと。
私はコーヒーもお茶類も大好きである。

基本ブラックコーヒー。
目覚めたきっかけは「ツイン・ピークス」。
主役のクーパー捜査官はブラックコーヒーと
ドーナツを実に美味しそうに食す。
実際ドーナツとコーヒーの組み合わせは
疲れた頭に無敵の至福感をもたらした。
「ツイン・ピークス」が日本で放送されたのは
1991年だから丁度私が社会人になった年である。
ドラマに感化されて飲むようになった
ブラックコーヒーだけれど、もしかすると
学生気分が抜けない新入社員だった私は
それを飲むことで、大人の仲間入りを
果たした気分になったのかもしれないなぁ。

IMG_3136_20171001201640a15.jpg






この記事のみを表示する山の映画

映画

WOWOWで特集されていた山の映画を
3つ見たので感想を。

-/ エベレスト 3D

1996年のエベレスト大量遭難事故を
映画化したもの。
手に汗握る緊張の連続で見終わるとグッタリ。
凍傷になって手足を失うようなことになっても、
あんな思いまでして山に登る人の気持ちが
分からないと言いながらつい見てしまうのが
山岳映画。
神々しい山々の映像に圧倒されながら
少しの甘えも許さない大自然の前で
なす術もないように見える儚い人間の
姿に感動する。
日本人女性の登山家を演じた女優さんの
撮影エピソードを読んだけれど、エベレストの
登頂シーンで台本にはないセリフが勝手に
口をついて出てきたという。
その後の過酷な結末と相反するそのシーンが
印象的だった。

★★★☆☆


-/ 運命を分けたザイル

アンデス山脈の雪山で遭難し、奇跡的に生還する
までを本人の語りと再現ドラマ映像で見せる
ノンフィクション映画。
上のエベレスト同様、手に汗握る緊張の連続。
生還した本人が淡々とその時の体験を振り返って
語っているのだから、死なないって分かっているのに
どうしても怖くてたまらない気持ちになる。
人は簡単に死んだりもするけれど、死んだ方がましと
思える状況になってもなかなか死ねなかったりする。
生きることを諦めずに希望を持ち続けられる強さは
一体どこから来るのだろう?
常に心に沸いてくる疑問は

もし自分だったら?

人智で量ることのできない生命の底知れない
したたかさが近寄りがたい厳しく美しい
山々の映像と重なって感動せずにはいられない。
これは名作だと思う。

★★★★☆


-/ エベレスト 神々の山嶺

うーん・・・上の二つと比べても
しょうがないのかもしれないが、
映画の全体感がとても薄っぺらい。
正直に言うと全く面白くなかった。
脚本がつまらない。
多分この作品は映画より原作を読む方が
良さそうだ。

★☆☆☆☆




この記事のみを表示するお手紙ブログを更新しました。

手紙


手紙の書き方講座 「マキシマムカードを作ろう!」

マキシマムカード 「伝統色シリーズ 第1集」






この記事のみを表示するお手紙ブログを更新しました。

手紙


なでしこ切手倶楽部展 2017開催のお知らせ









この記事のみを表示する拒絶されること

日記



スーパープレゼンテーション(TED)で
放送されていた
「100日間拒絶されて学んだこと」は
とても面白くて共感を覚えた。

子供の頃に経験したことが大人になった
今でも知らぬ間に大きな影響力を持って
自分を支配することがあることは
誰にでも経験があるだろう。

日本人の傾向として、否定的な意見を
言われると、単に今議論していることに
対する反論であっても、まるで自分自身が
否定されたように感じて相手を拒絶して
しまうので議論にならないという記事を
読んだことがあるけれど、
結局相手の真意を理解するまでは、
勇気を出して根気よくコミュニケーションを
取り続けることでたいていのことは上手く
いくんじゃないかという気になる。




この記事のみを表示するお手紙ブログを更新しました。

手紙


小粋な手紙箱 #6